マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

気になるマンガ さよならミニスカート

りぼんの電子版にちょっと載ってるのを見て気になったさよならミニスカート。

けっこう話題にしてる人多いんですね。

実は作者さんの方をもともと知っていて、懐かしいな〜という気持ちで。

HALとRECは読んでいました。

当時、絵が美しい〜と思ったのと、内容がりぼんにしてはブラックだったのが印象的でした。

さよならミニスカート、バッドエンディングでないなら読んでみたいな〜(とか言ってますが、ここまで来たら過去作品も含め読む気しかしない)

 

RECは普通に悲しい話だった気が…(昔に読んだので違っていたらすみません)

セカイの果ては未読なのですが、試し読みで見る限り「え、コレどうするん…」レベルにすごい話な気が…まだちゃんと読む勇気がありません。

 

ウル覚えですが、こちらの作者さんの作品はかなり悪質なイジメに関するエピソードとかあったと思います。学校が楽しい舞台でなく生徒、先生、親(要は人間全体)の心の汚さが現れる舞台というか。

実は小6のときの転校先の小学校が大嫌いだった私は、そのときの気持ちが読んだ当時もまだあって牧野あおいさんの作品に惹きつけられたんですよね。あのときは自分もクラスメイトも親も教師も大嫌いでした。綺麗事聞くのも嫌になってる時期で。まぁ、そんなもんなんですよね()

 

さよならミニスカートは性に関する話題を取り入れた作品で、そんな作者さんの作風にとても合っていると思います。

まだ1巻しか出ていないため、今後の展開が気になります。

 

ただ、1つ気になるのがこの作品、上記のとおり、りぼんの作品なんですよね。

私なら多分小学校のとき読んでも、絵が綺麗・高校生怖い・芸能界怖い…感想終わり。ってなってしまったというか…(注 あくまで私個人の話です)

イジメとか友達関係は身近な印象だけど、うーーん…

小学生って私服の学校多くて毎日ズボンの女子大勢いるし、性的な発言するような人周りにはいなかったし、性とか恋愛とかぶっちゃけそこまで私は考えていなかったのですが…

今の小学生はスマホもあるし違うのでしょうか?(私が小学生の頃はガラケーでした^_^;時代が変化するのは早い…!)

まぁ私の感覚が古いだけかもしれませんが、もう少し上の世代が多く読む漫画雑誌に掲載されているイメージでした。

 

私より5歳〜10歳くらい上の方たちが、一時期りぼん作品の年齢層がグッと上がった時期がある、めっちゃ痛烈な作品多くて今読んでもすごい、みたいな話していたのを何故か思い出しました(笑)

そういう作品、たしかに自分が小学生のときは怖い、でも読んじゃう、みたいな感じだけど、今となってもやっぱり読んじゃうんですよね。

 

それではこのへんで。

お読みいただきありがとうございました^ ^