マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

死役所9巻 感想

なんだか随分とお久しぶりのブログになってしまった…

もっと更新したいです。更新していない間はもっぱらバイトしてました

浪費の多い者なのでお金だけは大変なんですけど、まあ楽しいです(笑)

 

それでは9巻のあらすじ&感想です

 

 

 

 

 

 

以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

第40&41話

高齢の認知症になったお母さんを1人で介護する介護士亜生子さん

職業が介護士なせいで逆に他人に弱音を吐けないのもツライですね。

本人も強気で、限界になるまで他人に頼らずに1人きりで頑張ってしまい、どんどん認知症が進んでいくお母さんと一緒に死んでしまいます。

死役所に行った亜生子とお母さんですが、お母さんのデータが他殺課になく実は嘱託死課だったそうです。ここで亜生子も初めてお母さんの気持ちを知ったんですね。

お母さんは認知症がどんどん深刻になってしまったけれど、本当に昔から変わらず娘思いの優しいお母さんだったんですねTTTTTT

というか、やっぱり変わり者が多い死役所職員にイシ間さんがいなくなっちゃったのは寂しいですな…シ村さんでも元気なくなるんですね

というか飼い主がいなくなってしまったネコちゃんが地味に心配なんですが、まあネコは自力で生きていけるか、地域ネコの活動している方とかに保護してもらえるかするんですかね?

 

第42話

 これは久しぶりの感動&良かったな~~~~TTTTTTTTっていう話です(笑)

家族といっても色々な家族がいますよね。

母子家庭でお父さんのことは全く知らず、結婚をしない選択をしたお父さんのことは知りたくもない澪ちゃんと乳がんを患う磨美さんの話です。

磨美さんは澪ちゃんを生んで芸能界とは離れた生活をしていましたが、お父さんは有名な俳優だったんですね。

磨美さんは亡くなる前にお父さんにことを話そうとしましたが、澪ちゃんはお父さんのことを酷い人だろうと思っていたんだろうし、そりゃあずっと一緒にいたお母さんに死んでほしくないしお母さんとこれからもいたかったんですよね…

けれども磨美さんは亡くなってしまい、澪ちゃんは天涯孤独になってしまいます。

磨美さんは澪ちゃんに内緒でお父さんに手紙を出していて、自分や澪ちゃんと同じく天涯孤独だったお父さんなら、つらさや苦労を知っているから澪ちゃんのことも助けてくれると思ってたんですね。

お父さんは澪ちゃんや磨美さんには全く会ってなかったけど、磨美さんや澪ちゃんのことはしっかり考えてくれる人で良かったですTTTTT

ハヤシくんには自分の母親と同じ磨美さんの行動が信じられなかったみたいですが…家族によって全く違います

 

第43話

周りに迷惑をかけたくないとか嫌われるのが怖いとか消えたい、などを思って自殺してしまった上田さんですが……

上司が同じような経験をしていて理解してくれた人だったのが…

あと一歩タイミングが違えば全然違う結果になっていたと思うと…

個人的には小学生とか中学生の頃はわりとそういう思考回路だったんですけど(でも死役所の職員の言うように痛いのとか苦しいのが怖いから自殺も嫌っていう)、受験も終わって大学生になってわりと色んな考え方の人に会うようになるとそういうこと考えなくなりました。人生楽しんだもん勝ちだなって思うようになって、自分のしたいことをするようになると何となく変わった気がします。まぁそのしたいことが出来ないときはそれなりに落ち込んだりもしますが(笑)

上田さんを見ると職員たちは色々思うところがあるんですね

 

 第44話

新人ハシ本くんの過去に何となく重なる話なんですかね?

気になる~~~~

それにしてもハシ本くんがだんだん偉く見えてくるw

私でもあの状況は堪えられないww

シ村さんは余裕ですが(笑)

 

引きこもりの息子のことを周囲に隠して、生活の世話をしていた女性が役所にやって来ます。

ハシ本くんの沸点にふれることを言っていたようですが…?

 

 それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^