マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

死役所4巻 感想

こんにちは!

今回は個人的に大好きな話が収録されている4巻です!!

表紙からして…迫力あります……

 やっぱり絵にされると…TTT

 

あらすじはサラッとしか書きませんが、以下ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

第16&17話

こちらが個人的にめっちゃ好きな回です。

元刑務官だった杉さんのお話です。

シ村さんも杉さんのことを知っていて、さすがに固まってました。

私自身は刑務官の知り合いなどはいませんので本音とかは分からないんですけど、大変な仕事っていう噂は聞きますよね。作中でもあるように、こちらが考えられないような行動をする人を相手にするし、業務もきついし、職場の上下関係も厳しいそうですし…

私たちは新聞やニュースで事件のことを知るだけですが、刑務官の方は拘置所の中で実際に死刑囚に関わって、死刑の執行も仕事です。

死刑制度があるということはそれをを執行する人もいるわけで…

でも死刑囚の行ったことはどう考えても同情できません。

でも死刑は命で罪を償うもので、死刑囚は死んだらそれで終わりで、反省することもなくなります。死刑が犯罪抑止になっているという確たる証拠もありません。もちろん犯罪の被害がなくなったことにもなりません。死刑が亡くなった方への償いになるのかも疑問です。

でも自分が被害者や遺族なら死刑は意味がないから廃止しよう、とは多分言えません。

このようなことがずっと考えられる話でした。

 

この話では過去のシ村さんも登場して、昔はこんな感じだったんだーみたいなのもありました。

この話の1番好きなところが、おそらくとても詳しく取材されていて、拘置所や刑務官や死刑執行について非常にわかりやすく知れることです。

大学の授業で少し話をきいたりビデオを見たり、とかありましたが、こんなにわかりやすくて詳しいのは初めてで感激してます(笑)

 

……ここで……ブログできたと思ったら全部消えてまた書き直してますTTTTT

もう嫌……TTTTTTTTTTTTT

なんでこまめに更新するなりコピーするなりしておかなかったんだろうTTTTTT

 

第18話

薬物中毒になった専業主婦の話です。

普通の主婦でもストレスがたまることもあるんでしょうし、ひょんなことから依存していきます。

こういうの、自分は関係ないとか言ってられないんだろうなー

何より可哀そうなのは千裕の子供たちですよね

お母さんが変わってしまっても元のお母さんに戻ることを信じてたのに…

あとで知りたくないことも色々知るんでしょうし…

 

第19話

父親を殺した犯人に自分も殺されてしまった眞澄が出てきます。

眞澄に関してはただただ悔しいんですが…

殺人事件ということで職員たちも思うことがあるらしく…

イシ間さんもやはり自分の選択は正しかったのか…今でも答えは見つからないんですね。

職員たちにとって、「普通の人」として一生を過ごしたミチルちゃんの言うことに色々思い出すのかもしれないです。

 

第20話

ある意味みんなの予想通りw

ハヤシくんがミチルちゃんに死役所職員の採用条件を言っちゃったらしく…

まあ当たり前の反応なのかもしれないですが

ハヤシくんやニシ川さんの対応もさらにミチルちゃんにとってはひどい!!って思ったんだろうし

ミチルちゃんにとっても周りに普通にいた人たちの過去を知ってショックだったんですよね。

冤罪で死刑になったシ村さんにとっては特に嫌な過去だったのかもしれません

そして死役所や職員については自分で調べられるんですね

職員たちの過去を知ったミチルちゃんに言われた言葉は職員も動揺します。

ミチルちゃんはシ村さんの冤罪を含めた過去も知ったのですが、やはり相当辛い人生史だったみたいです。

ミチルちゃんに過去を暴かれるとはさすがに思ってなかったのか、シ村さんも素が出てしまってます。笑

全てを知って満足したのかミチルちゃんは成仏していきました。

ここにきて、ここまで元気なの本当にすごいww

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^