マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

名作マンガはいつ読んでもやっぱり良い〜〜

 

最近あだち充さんのマンガを電子書籍で読んだのですが…

30年以上前のマンガですが、今読んでも良いですね〜〜

 

はじめはカッちゃんの完璧さ好きだし…何となく寂しくなるかなーとか思っていました。(やっぱりある程度はテレビでやってたり検索でストーリー見たりして知った上で読んだので)

でも、正直1巻の途中からすでにタッちゃんのキャラが良すぎてハマってしまいました

 

登場人物たちがわりとポーカーフェイスですよね

そこも憎めないというかギャグとしても面白いというか…笑

タッちゃんとか、案外元からただの怠け者ではないのに、ポーカーフェイスだから何を考えてるかわからないというか…

私は特に最初らへん、タッちゃんとか南ちゃんの考えてることとかわからなかったんですけど、私だけですかね?笑

南ちゃんが実はタッちゃんの方が好きとか…

え?そうなの??とかなってたしw

 

野球も私自身はもともと好きですが、普通のスポーツマンガとは違って恋愛の要素もかなり強いですよね

何だか絶妙なさじ加減です。

ポーカーフェイスでラブラブ〜っていうのはないですが、野球!みんなで試合に勝つぞー!!って感じでもないです。

 

個人的に1番好きなのは、出来が良いと周りに言われているのが弟で、悪い方が兄なところです

まぁ双子だしぶっちゃけ一緒なんですけど、やっぱりステレオタイプのイメージとは逆なところが良いです。こういうポイントがあるから私はタッちゃんの方の立場で話を見ている感じになってました〜

 

超有名作品なだけあって知っとくとわりと誰とでも盛り上がるし(実際私は1番よくいる友達にこの作品の話をしたら、友達もだいたいのあらすじは知ってたし)、人気作品にはやはりその理由があるんだなーと感じました。いつ読んでも誰が読んでも面白い〜ってなります

 

やっぱりタッちゃんのキャラとか周囲の扱いとか家族の中の立ち位置とかが最高だな〜と個人的には思いました!

読んでみて良かったです^ ^