マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

なまいきざかり。4巻 感想

こんにちは!

何とか日常の修羅場を乗り切れたものの

それはそれで今度は細々した用事が山積みっていうねっ!!!

まあ、計画的に早め早めにしないのが悪いんでしょうなっっ

わかってはいます←

 

どうでも良いことはさておき今日は4巻あらすじです~

 

 

以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

第19話

ちゃんと考えてみるーって言ってから

もう考えた?いつ?明日??っていう

傍から見たらめちゃくちゃ可愛い攻撃に悩まされてますが…w

いよいよインターハイの予選だそうです(笑)

 

かっこいい枠?の方々は基本女子からチヤホヤされるんですね~

女の私から見てもちょっとうらやましい…!!

中でも相変わらず成瀬と袴田くん人気がすごいらしいですが…

袴田くん、モテモテのイケメンが照れて目も合わせられずに赤面って…!!

そりゃあヤバイでしょーーー!!!!!

成瀬くんっていかにも彼女とか絶対いそうなオーラ全開ですけど

モテるのに硬派とか女子に固いってとこがファン←にはたまらないんでしょうなっっ!!

 

成瀬はいつでも由希センパイにいちゃいちゃですけどww

鉄壁でお堅いセンパイでも、あんな機嫌の良いときの猫みたいなスリスリされたら…

ね~~~~w

イチ読者的には可愛いからもっとしておくれーな状態ですよ(笑)

 

第20話

分の悪かった三寿々戦もギリギリ無事勝利し…

 

由希センパイが最後の大会っていうことで成瀬の意気込みは特段強そうだけど、

案外袴田くん、負けたのに冷静なんですね

強豪私立の余裕なんですかね?

 

でも次の試合、名門校とあたって隆北の3年生の大会は終わってしまうんですね

というか成瀬くんが泣いたの、めっちゃ意外だったんですけど!?

めっちゃ素直で感情豊かじゃないですか…!!!

由希なんかもう本当にお母さんみたいになってますけど!?

 

 第21話

雨の日に後輩に傘貸して風邪をひいていたとは思いませんでした

成瀬くん、いっつもセンパイのこと考えているだけあって鋭い…!

由希も熱で弱っているせいか?

色々口走っちゃてるしウルウルしてるし…

成瀬くんも弱ってるセンパイにはさらに弱いですね(笑)

 

第22話

由希も周りの子から成瀬の彼女のことを聞かれ

成瀬くんも積極的女子たちに詰め寄られ

姫野さんにはもはや付き合ってると思われてますけどw

ぶっちゃけ付き合ってるのと変わらないようなことすでにさんざんしてるしね!

 

そして木戸先輩の彼女に恋愛相談に行くほど仲良くなってますね~

木戸先輩の彼女、可愛いだけじゃなくてちゃんと毒があるところが好きです~

なんかマンガのキャラだとただ純粋に可愛い子より毒みのある子のほうが可愛く感じるんですよ~~~~

 

そして女子と買い物に来てる成瀬を見つけたと思ったらいるのそっこーバレて

しかも偶然?袴田くんまで来てますけどw

 

成瀬にまたまた甘やかされて←

由希センパイの不安もとれてきた?というところでまさかの袴田くんww

しかも登場の仕方由希にそっくりなんですねwww

 

第23話

 そして袴田くんから見たら

2人のベタベタはチカンに見えているのかww

そして由希センパイにチクる内容も袴田くんらしい(笑)

この人もめっちゃ好きなキャラですw

 

そしてジャストタイムで先生が返し忘れた三寿々のスリッパを由希が返しに行くことに

ガチでマネージャーがここまでするの、本当に偉いと思う…

 

そしてスリッパを返す一瞬のタイミングでバッチリ袴田くんと遭遇してるしw

袴田くんを茶化したい吉良センパイに連絡先聞かれてるしww

そして三寿々の先輩も後輩のことに関しては鋭いな…!

 

そして成瀬くんも由希センパイに関してはエスパー級に鋭い…!!

そしていつものごとくいじけるのあざといな…!!

 

第24話

恋愛に絶対疎い袴田くんはなかなか気づかないんだろうなーとか思ってたけど

吉良先輩がカマかけたからか?もう確信したんですね

片思い中の袴田くんもめっちゃ良いですね←

 

隆北は練習合宿

お互い若干嫉妬はありながらも

みんなで色々楽しく(笑)

それにしてもパンツが顔に飛んでくるって…( ;∀;)

 

そして、さすが先生…

サボりまくってるけど生徒はやっぱり子供だしすぐ分かるんですかね

先生の発言で2人の仲を疑われたので

とりあえず弟ポジションということに~

当然あの成瀬くんが黙っているはずもなく…

またもや付き合っていないとは思えないイチャイチャをしてましたけどw

しかも場所も…なんか、もう…ねーーww

 

4巻はここまでです~

 

それではこの辺で!

ありがとうございました~!