マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

思い、思われ、ふり、ふられ 8巻 感想

 

こんにちは!

それでは今回もふりふら8巻感想をサクッと書いていきます~!!

f:id:mangakannsounikki:20180627205505j:plain

 

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

亮介くんは借りたもの返しに来ただけだったらしいけど

まだ朱里ちゃんのこと好きなのか?

和臣くんも何となく嫌そうな感じで…なんか察知してる??

 

そして恋愛してるみんなが可愛すぎて…

そういうの皆無で生きてきた私から見ると可愛いがすぎます…!!

ニコニコ一緒に登校したり文理選択で喜んだりわざわざ友達の家に来てまでノロケてるとか~~

 

そしてまたしても朱里ちゃんたちの両親がケンカして家の雰囲気悪くなって子供が気を使って朝ごはんも外で食べてるって…ちょっと……

理央くんは朱里ちゃんが弱ってる今のタイミングなら亮介くんとの復縁もあり得るって考えているらしい…

朱里ちゃんは全く亮介くんに対してそういう気はなさそうですけど

 

朱里ちゃんは完全に和臣くん一筋だし

そして話の前の方に比べると

朱里ちゃん、和臣くんのことめっちゃ分かるようになってますよね(笑)

 

この前返してもらった袋に亮介くんがオススメのCD入れてくれてたから

それを返しに会いに行くって朱里ちゃんが言うと

和臣くん、意外にもめっちゃくちゃ脈ありな言動してるし…!!

「俺が行ってほしくなかっただけなんだ」って完全に…www

というか朱里ちゃん、あんなに和臣くんの言葉のニュアンスに敏感だったのに

ここで深い意味はないってとるんですね…

まあ、和臣くんには昔の色々があるから期待すると危険感があるんでしょうな…!

 

朱里ちゃんは郵送しようかなーって言ってたけど

まさかの和臣くんが亮介くんに返しに行くことに…!!

というかこの2人ってめっちゃ良い人というか察しが良いというか面倒見が良いというか…でも意外とグサグサ言うところが案外似てるんですかね(笑)

亮介くんは朱里ちゃんが自分にそういう気持ちがないことは分かってたらしく

亮介くん的にも和臣くんはチャラいタイプじゃないし大人感あるから

朱里ちゃんを任せられると思ったのかな…

 

由奈と理央くんはもうなんか安定~な感じですけど

由奈はウサギみたいだし、理央くんは甘え上手すぎるし

このカップル可愛すぎるw

2人ともバイトしてたんですね~

由奈はちょっと意外だった!!

でも付き合うと何かとお金必要だしね

 

由奈と理央くんはクリスマスのデートもめっちゃ可愛かったし!!

由奈のふんわり系?の癒しみたいなのすごいですよねー

なんかその影響?で理央くんまでふんわり系になっている気が

2人で買い物したりツリーの前で写真撮ったり映画観たりで、ザ・カップルですよね~

それにしてもプレゼントなくしちゃうってw

いや、笑いごとではないんだけど笑ってしまった←

無事見つかったし、楽しいクリスマスになって何よりです~

 

一方で…

娘が気を使ってケーキまで買ってきているのに

親がいないってどういうこと!?って思ってしまったよ・・・

朱里ちゃんはこんなに良い子なのにTTTT

今日のバイト代の半分使って、でも仲直りのきっかけになれば安いもんって…TT

それなのに両親が帰って来ないって……

 

で、ケーキは1人じゃ食べきれないから

乾家に行くことに

何かそわそわしてるなーと思ってたら

まさかのこちらの家でも夫婦喧嘩…

まあ家にいるだけマシな気もしますが…

子供が気を使いまくりってね

 

まあ、でもそのおかげで←

朱里ちゃんと和臣くんで出かけることに

で、こちらは公園でチキンとケーキ食べて

寒いから鬼ごっこ(笑)

朱里ちゃん無邪気すぎて可愛いがすぎるし

和臣くんも「捕まりに来たんだよ」ってなんかもう///ww

それにしても和臣くんのお兄ちゃんが真面目な超優等生タイプなのは意外すぎた…

でもある日ストレスが爆発して役者になるっていきなり自由になって今に至るんですね

てっきりお兄ちゃんチャラい感じだとずっと思ってました

それで結局、弟も映画作る仕事したいなーって思ってても

無難枠から外れられない…ってなるんですね…

 

朱里ちゃんと和臣くん、他の人には話さないような本音言い合ってて

なんか特別な感じですよね~

いつも大人な和臣くんも朱里ちゃんにめっちゃ照れてるし!!

この2人めっちゃ好きだから、こういう展開良いです!!!

 

めでたしめでたし~~でこの巻は終わりですが

なんか最後が意味深…笑

 

9巻は7月中に発売予定らしいのでそれを楽しみに!

それではこの辺で

ありがとうございました。