マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

思い、思われ、ふり、ふられ 3巻 感想

こんにちは!今日もふりふらネタバレを感想サクッと書いていきたいと思いますーーー!!

f:id:mangakannsounikki:20180528225241j:plain

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

朱里ちゃん、天然たらしの和臣くんに振り回されっぱなしって~~!!

和臣くん…凄すぎる……

アレされると女子はヤバいですな…w

朱里ちゃんの「天然こっっわ」っていうのが全てを語っていますよーーー

小学生男子ってw

それにしても和臣くんといるとき内心突っ込んでる朱里ちゃん面白すぎるし(笑)

 

由奈が合コンっていうのも意外でした~

というかダメ元だとしても誘った朱里ちゃんもすごいなっ!

まあ朱里ちゃんも由奈も脈がなさそーな人にこれ以上…ってことで参加

なのに由奈に「きっしょ」って言ってきた人がいるって気まずすぎる…

あーーまた可哀想な展開に…って思ったけど、実はそんなに悪い人じゃなかったみたいで良かったです

それに由奈と仲良くなれそーな系統の子もいたしで、合コンも結構楽しそうでしたよねー

 

その一方で、朱里ちゃんが合コン行くって知って自分も女子と遊ぼっかなーって思ってた理央くんは結局和臣くんしかつかまらなかったのか…笑

 

そして少し前なら絶対朱里ちゃんの好みだった子もいたのに、

朱里ちゃんは和臣くんしか考えられなくなってたし…

でもそりゃーあんなにキュンキュンさせられちゃってたらしょうがないですよね……!!!笑

 

朱里ちゃんもこちらの想像以上に和臣くんのこと好きになっちゃってるの良いですよねー

ある意味今までとは違うキャラの男子だし、

自分とはジャンル違うわー無理だなーーとか情緒不安定な朱里ちゃんも可愛かったですよね~~

 

そんな朱里ちゃんの気も知らず←のんきに寝てる和臣くんの手を思わず朱里ちゃんが握ってしまって…

その後理央くんが帰ってきたから若干挙動不審で出ていく朱里ちゃんに

何となく察する理央くんなのに…

「すごいいい匂いする」とか言っちゃう和臣くん…

本当に彼は恐ろしい…www

 

察しの良い理央くんはすぐに今回の朱里ちゃんがいつもと違うことに気付いてるし、理央くんに朱里ちゃんのこと聞かれて一生懸命隠そうとするけど下手すぎる由奈も可愛いし…なんだけど、ここら辺は複雑…ですよね

和臣くんは相変わらずえげつない天然たらしっぷりで朱里ちゃんも真っ赤だし~~

敏感なのか天然なのか…まだまだ読めない~~

女の子の匂いを消臭剤と間違えるところもさすがです。

 

3人が色々上手くいかない恋に思い悩んでいる中

由奈の「のん気なのは和君だけだな」ってその通りすぎてw

 

そしてやっぱり和臣くんを大好きになってる朱里ちゃん

理央くんにまで嫉妬してにらんでるってw

 

で、家でもやっぱり和臣くんな朱里ちゃんは

由奈のための理央くんの好みリサーチもかねて、和臣くんの好みを理央くんに聞こうとするけど、それは気まずすぎる理央くん…

まあそうだよねーなんだけど…

 

次の日、マラソン大会休もうかな…っていう朱里ちゃんの悪口を聞いてしまった由奈は、朱里ちゃんにナイスすぎる嘘をついて…

しかもそれがものすごく効果てきめん←

 

ラソンが苦手で1人で走ってた由奈とサボったのがばれた理央くんが合流して、理央くんから本当に朱里ちゃんは具合が悪かったと知って

理央くん先行ってーって由奈は言うし、理央くんも追いかけようとしたけど、結局戻ってきてくれるんですよね

理央くんも優しいです…!!

 

めっちゃ必死に走ってゴールした朱里ちゃんは、和臣くんの様子で由奈の嘘にあっさり気付いたけど

無理したから意識を失っちゃった朱里ちゃんをお姫様抱っこってもはや同級生じゃないですよーー//////

そしてわりと朱里ちゃんにグサグサ言う和臣くん

だけど……!!!!!

ここで由奈の嘘が本当のことになってるし……!!!

まあ確かになんでも一生懸命な子は良い子だわ…

 

でもやっぱりそんなことすると同級生からからかわれて

みんな若干やりにくそう…だけど…

まさかの…!!!和臣くんも意識してるのかーーー!!

朱里ちゃん可愛すぎるし、イチ読者としてはおおーーーーでしたよ!!

 

でも、やっぱり今までの恋愛とは違いすぎる朱里ちゃんを見て理央くんも複雑すぎるというか…辛すぎる…

というか、本気ととりあえずの違いがわかるもんなんですね…

機嫌の悪い理央くんは結局朱里ちゃんにキスして3巻は終わりです。

 

辛いところで終わっちゃいましたが、明日は4巻です。

というか気付けば日付をまたいでしまった~

それではこの辺で

ありがとうございました!