マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

虹、甘えてよ。(青木琴美)1巻 あらすじ感想

 

こちらの作者さんは非常に有名な方なのでわざわざ…という気もしますが、

どの作品も私が好き&沼るストーリーとキャラなんですよね~

 

なので間違いなく私の1番好きな作者さんのうちの1人です

だから感想初回に選びました

f:id:mangakannsounikki:20180518160410j:plain

 

以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

1巻の率直な感想としては結構重い感じがしました。

高校生の三角関係みたいなよくある可愛いストーリーをイメージしてたので特にそんな気がしたのかなー

1巻にしてこちらの予想に反した運びでしたね

 

虹のことが好きな岳に、日和は「オレが(虹に)告白してもいいの?」って

「好きならお前も来いよ」って

 

でも、岳はそのまま行くことはできずに体育館の外でのぞき見する

 

日和が虹に告白したかったのは

自分がゲイだということ

 

で、岳はのぞき見してたのに見事に誤解

2人が抱き合ってたのを見てやっぱり両想いだったのか…と

 

岳はショックを受けて、

もう遅いから家の方角一緒だし虹を送ってあげてよ、って日和が言っても無視して自転車で一人で帰ってしまう。

虹が少し追いかけたのに止まらず…

 

で、その帰り道で虹が何かしらの被害に遭って…

 

次の日、虹は岳に対してパニックになったり、クラスがザワザワしたり、虹の被害に関する噂がされたり

虹はサイドの髪の毛切っちゃうし

 

岳は自分にはパニックを起こすのに、日和には平気な虹を見て

嫉妬してるって気付いて自己嫌悪になって泣いてそれをごまかすために顔を洗って…

 

もうここまで主人公たちを見ているのが辛くなるくらいさんざんですよ…

 

日和は岳が誤解していると気づいて

このままさせたままでいい?と虹に提案

実は日和が本当に好きなのは岳でそれを隠したいから、と

 

ここまでかなーり重くて雰囲気もずしッとくる展開でしたが、

フリクションからのエピソードは可愛かったです!!

 

でもそのあと嘘を見せるために虹と日和が付き合っていることに

 

それでもその日の帰り道、

岳は意地でも虹と帰ったところの電車の中で1巻終わり

 

虹に関しても、日和に関しても

今後どうなるのか全然読めませんでした…

そんな中、岳ってなんか可愛いですよね

 

私は大学で法学を専攻しているのでこういう話も聞きましたが、

被害者の被害は事件の恐怖と侵害だけじゃなくて

その後の自分自身が元の自分に戻れなくなったり、周囲の環境が変わってしまって元の生活ができなくなることなんですよね

この話ではそれが痛いほどハッキリ描かれています。

 

ただ何かの予告?を見たとき

岳がもっと何か悪いことしたんだと思ってました

事件の引き金を引いた…みたいな

 

それに岳のあの心理状態ならアレが普通な気もします

自分の好きな子と親友が両想いだと思ったその日なわけで…

まぁ岳の立場ならそれくらい自分を責めちゃいますよね…

 

まだまだ話としては序盤なので今後の展開に期待です

明日は虹甘2巻について書きたいと思います!

 

というか虹甘に関する私の悩みは、

次の話が待ちきれない!!!ということ…

本当に切実な悩みです

 

現在進行形のマンガはここがとにかく苦手です!!

待ったり我慢したりするのが苦手な者なので

 

それではこの辺で!

ありがとうございました!!!!!