マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

あやかし緋扇 感想

こんにちは!

カテゴリー〈今日のマンガ〉では最近読んだマンガで満足度が高かったものの全体の感想をサクッと書いていきたいと思います^^

過去の記事もこのカテゴリーに追加するつもりです!

 

今回ご紹介するのは『あやかし緋扇』です

あやかし緋扇はチョコレート・ヴァンパイアの作者さん、くまがい杏子さんが2012年~2014年にかけて創られた作品です。

なんかチョコレート・ヴァンパイアのときも思ってましたが、この作品も可愛い子が可哀そうになる展開見ると若干悲しくなるんですけど、私だけですかね?(^-^;

あと結構グロくなるとか…

グロイところって考えれば考えるほどグロく感じます。笑

 

女の子はチョコレート・ヴァンパイアの千代と同様にかなりツンで、男の子はかなり誠実なしっかり者、という設定です~

 

以下、ネタバレ含みますのでお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

この作品の面白かったところというか印象に残ったのは、相当読者の期待を裏切る展開があるところです!

え、主役級のキャラの前世が悪だったの?と思いきや結局違うのか~と思ったら弟だった(しかも普通に主人公ずっと会話してたのにすでに亡くなっていた)みたいな

先生に裏切られたと思ったら最後助けてくれた二重スパイのやつもあったしw

 

あと兄弟が亡くなってたりするのが我に返ってしまうとやっぱり寂しい…

何というか、全体的にはハッピーエンドなんだけど、一部だけ考えると何となく可哀そうに感じました(T_T)

優くん前世で罪を償えてなかったから4歳で亡くなってたってなんか…TTT

そして未来のお兄ちゃんも良い人だったのに、とか

前世はみんな不幸だな、とか

口からヘビとか

聖先生も前世知ってたら複雑だろうな、とか

弟の前世が蜘蛛の化け物?になったとか

 

何となくチョコレート・ヴァンパイアでも似たような感覚を感じるので、作者さんの作風なんですかね?

目とかキラキラで可愛いキャラとそれなりに「お、おぅ……」ってなる展開のミックスというか?読んでいるとチョコレート・ヴァンパイアでもあったな…って結構思い出しました(笑)

シビアな作品でシビアな展開になっても普通なんですけど、可愛い少女マンガでシビアなのがくると印象に残るんですよね~

 

最後までに色々あるけど、無事?気持ちよく読み終えることのできる作品だと思います!

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

虹、甘えてよ。4巻 感想

 

こんにちは!

 

今回は虹甘4巻のあらすじ&感想です

 

表紙可愛い~

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

第12話

桐生先生の過去のお話…

大学でなじめず就職先の進路をバカにされ、という。

でも、こういう天才の人ってそもそも大学に行くとうの昔にこういうのは経験済みで、もっと小さい小学生前後に同じようなことあるらしいし…

なので大学でそれ??と思ってしまった…

あと、東大出身の高校教師って普通にいる(特に桐生先生のいたっぽい学部)からコンプレックス抱くにしては刺激が少ないというか…

小さい頃は特殊な環境にいてそんな経験がなかったとか、何かの夢があったのに何かの理由で挫折したとかそういうの(めっちゃキツイやつでw)あった方が私は桐生先生のキャラもっと好きになれたな、って思います。これ以上先生の過去は出てきたりするんですかね?

 

その一方、岳は相変わらずですね(笑)

日和くんの気も知らずに甘えてるし、虹に対して一途なのは良いけどまた「夏服ってエロい」とか言いそうになってるし、そしてその様子を見た日和くんも複雑な気持ちになってるし…

個人的に岳って文武両道だけど抜けてるところとか、やらかしまくりなのになぜか可愛い仕上がりになって結局虹にも仲良くしてもらえているし、美少年で性格も良い日和くんにも好かれているしで、カッコいい彼氏というより少女マンガのヒロイン要素つめつめな気がします(笑)

 

…そして…まじで桐生先生の日和くんいじりはやめてほしい( ;∀;)

複雑な心境な日和くんを弄ばないで…( ;∀;)

本っ当に日和くんは岳以外の人にいくとしても、もっと日和くんみたいな純粋で爽やかで優しい人と仲良くなってほしい(T_T)桐生先生はやめて~~

 

しかも「岳に興味持つのやめてください」って言う日和くんに桐生先生が返したのが「嫉妬?どっちに対する?」って…え?そんなところまできてるの…?

桐生先生に押し倒されてキスされてますけど、日和くんの方が絶対力そのものは強いですよね?ただただビックリしたのか気持ちに迷いがあったのか…TTTT

(なんかそんな中、虹と良い~感じになっている岳が憎く見える(T_T) いや、全然良いことなんだけどね)

もうまじで桐生先生アウトすぎるーー

例の犯人じゃなかったとしてもバレたら大変なことを普通にバレなきゃ良いでやっているあたりまじでヤバイTTTTTT 怖〜〜

 

第13話

虹の柔道着姿とポニーテールが好きだったとか言って虹をドキッとさせて、気が強くて積極的なタイプの女子にも気に入られて、日和くんにも可愛いって言われて、岳は相変わらずモテますね

 

両想いなんでしょっていうのを否定した虹に対する日和くんの言動にはギュンとなりました

「どんなに見え透いていてもオレ信じるけど。嘘だったら無限に恨むけど。」って言った後に、「嘘だよ バーカ」って悲しそうに言うあたり、察しが良いだけじゃなくて優しいというか…

ここまでくると日和くんの立場の人だと他の人と仲良くしたり(桐生先生はマジでやめてほしい)グループ変えたりもできるのに、友達としての虹と岳と付き合っているわけだし。義理も堅い人だなーと。

 

…で、虹は虹で体育終わりに桐生先生にばったりと

桐生先生は虹も数学準備室に誘ってますが、どういう考えなんでしょうか…?

 

女子が着替えた後に教室で着替える男子たちが、「おせーぞ 入れねーだろ」と苦情を言っている中、虹は先生と話をしていてまだ戻ってなかったようです。

例の岳のファン?の女子たちが「これ以上待たせると男子に迷惑だよね?」とか言って不気味なアイコンタクトをして…

 

そしたら虹の制服をチョークでぐちゃぐちゃにして、ちょっと高価そう?でオシャレな下着を見つけてそれは黒板に貼って「こんなの着てるから痴漢にあうww」とかエロとかSEXYとか誹謗中傷を書いたようです。これは悪質…

こんなの高校生にもなって大人げなくない?って思うけど、みんなクスクスして「さっさと着替えに戻らなかったほうが悪くない?」「迷惑かけたのは虹」「虹にも問題ある」「正直誘ってるようにしか見えない」「二股かけてるよね」とか、全部なんだソレっていう悪口平気で言ってるし…なんちゅークラスだ

てか一人くらい戻るのが遅くてもその人だけトイレかどっかで後で着替えたら良いだけだし、二股ってもししてたとしてもあんたらには関係ないだろ!

正当化する理由がしょーもなすぎてムカつきますね(笑)

庇うのが岳だけってどういうこと?( ;∀;)

スクールカースト上位者の言ってること&やってることに乗っかりたい~みたいな感じですかね?周りも周りですね…

そんな中、岳の度胸はまじですごい…!!

言い返してるわ「二股じゃねぇよ!俺が一方的に好きなんだよ」ってすっごいですね!!!!

こんな周り敵だらけの状況で「わーーーーー!」ってさせてるってヤバイなっ!!

私は性格ひねくれてるので、お前ら盛り上がる前に謝れや(ーー゛)って思ってしまったw

まあ虹はそりゃあ嬉しいわけですが、廊下でも盛り上がっているところに日和くんも来てこういうところも見ちゃうんですね。

日和くんは自分はそうやって言えない分余計に辛そうに見えます。

 

 第14話

教室をざわざわさせてそのまま岳と虹が出て行ってしまった後、それでも友達の役目を全うする日和くんエライというか優しすぎる…TTT

こういう状況になってくると虹と日和くんがカップルのふりしてるの今さらながらヤバイ気がしてきます。岳だけならアレだけどみんなはどうするん…?という…w

 

そして桐生先生が真面目なこと言いながらやってくると、さっきの嫌がらせの黒板を見つけます。

本当に、未成年だから大人が受けるみたいな罰を受けないだけで、やってることは全く同じですよ(でも桐生先生…自分は…?バレてないとか合意があるとかって言うつもり…?怖)

先生は説教する気はありません、とか言ってるけど、そこはしてくれ(笑)

警察沙汰になるのは怖いって高校生にもなって自分の行いくらい考えろって感じです。

 

日和くんが岳に普通に話しかけると、岳は「なんで…まだ俺と話してくれんの?」と返します。

そこで日和くんはあの時岳はオレのこと切ったんだなって捉えます。

そこまでの発想はなかったですけど、日和くんの立場からしたらそういうことになるんですね。天然で傷つけてくる岳は岳でかなり怖いな…

虹と岳はものすごい近づいた感はありますが、このクラスではかなりやりにくそう(-_-;)

 

で、孤独を感じた日和くんが向かったのは、虹以外に日和くんの秘密に気付いた桐生先生のところで…

なんかまた「虹を排除してくれ」と僕にお願いすればいいとか怖いこと言ってますけど()

今は日和くんも良心があって先生に同調はしてないですけど、このまま桐生先生の手先にならないかめちゃくちゃ心配…

…そして…!!

日和くんが先生の信じているものを聞くと「実験結果」という答え。

先生いわく吊り橋効果とストックホルム症候群は同じで、恐怖と安心の繰り返しをされると人は恋に落ちたと勘違いするそうです。

…これって先生が日和くんや虹にやってることですよね…色々ビビらせたり辛辣なこと言ったりするけど、孤独に感じているタイミングで理解者になって優しくするという…

先生の狙い?が気になるところです…

 

「予告します 近い将来君は僕を好きになる」

これ当たりそうで怖いな~~

それだけはやめてくれ…

…と思っていると、「それが嫌なら君も恐怖を与える側に回るんだ」とか言ってますが、どんな意図なんでしょうか…?

 

教室で一人で寝ている岳を見ている日和くんですが、そのまま岳にキスを…

どういう流れで日和くんは決心したんでしょうか?

 

第15話

キスした後、日和くんは心の中で「起きろ」と何度も言いますが、岳は目を開けず

でも結局ほっとする日和くんはそのまま教室を出て行きます。

 

ほっとするくらいならしなきゃよかった、気づかれなくてよかったと思った日和くんでしたが、岳の言動でさっきも起きていたことに気づきます。

わたわたしながら「あれなんなの??」という岳に「嫌がらせだよ」って言っていつもみたいにごまかすのかと思いましたが

「オレゲイなんだ 笑っちゃうだろ?

 お前のことが好きなんだ 気持ち悪いだろ?」

と岳にもカミングアウトします。

最初に虹になら話してもいいと思ったのも好きになれるかもって思ったのも岳の好きな人だったからで、ずっと虹になりたいと思ってたから、ということもカミングアウトします。

 

そして、1人で残っている日和くんのもとになぜか桐生先生がやってきて

迎えに来ましたよ、(笑顔で)頑張りましたね、もういいんですよ?僕のこと好きになって、とまた寄り添います。

こんなタイミングでこう来られると…

4巻はここで終わりですが…続きはどうなるのでしょうか…?

岳にカミングアウトってなんかすっごく危ないというか…まあ良い人だから悪気は全くないんですけど色々心配というか…

というか岳以前の問題で日和くんはどんどん桐生先生の思うように行動している気がするのもまた…

うーーん…次の巻が、というか桐生先生の狙いが気になります。

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

思い、思われ、ふり、ふられ 10巻 感想

こんにちは!

今回はふりふらの新刊のあらすじ&感想です

10巻は朱里ちゃんと和臣くんが主な話ですね^^

…半分くらい書いたところでずっと放置してしまい気付くともう全くジャストじゃないタイミングですが(。-∀-)

もうここまでくると次の巻が出るまでに書けば良いやというマイルールが出来つつありますねw

 

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 第37話

朱里ちゃんを追いかけてきた和臣くんは、何で自分には親が離婚するかもしれないことを話してくれなかったの?俺の話聞いてくれたのと同じように言ってほしい、と言います。

朱里ちゃんは由奈に気を使って理央くんやお父さんのところに残るわけにはいかないと思っていることを打ち明けます。

和臣くんは朱里ちゃんのお母さんに腹が立ってきたかも、と言いますが

やっぱり人間は悪いところもあれば良いところもあるし、お母さんの良い部分も知ってる朱里ちゃんは複雑みたいです。

 「わかるよ」という和臣くんの言葉が朱里ちゃんは嬉しかったらしく

「同志みたいなもんだしね」と言いますが…

ここでも何となくすれ違いが…

かなり前から両想いなのにそれに気付かない2人…

 

学校で映画について語る2人はここでも意気投合します。

「また貸してね」と言う朱里ちゃんに

「これ…2人の共有の物にしない」と提案します。

DVDと一緒に朱里ちゃんの手にも自分の手を重ねてるし//////

和臣くんのこういうところ何かすごい…!!!ww

 

だけど、由奈の若干のん気?というかぽわーんみたいなのやっぱ可愛いですw

朱里ちゃんと亮介くんお似合い~とか言っちゃって理央くんの方が焦ってるし

たしかに理央くんの視点からすると和臣くんの行動はじれったいだろうなーとか思ってしまいます(笑)

 

第38話

亮介くんが積極的になったことを由奈も感じているらしいです(笑)

朱里ちゃんが亮介くんに連れて行かれちゃったから3人で帰ることに(この3人って意外と珍しい…)

そこで由奈は朱里ちゃんがまた自分に気を遣って、我慢をしてしまっていたことを知ります。

でもまあ…理央くんも朱里ちゃんも少し前のことが嘘のように違う人に夢中だし、心配はたしかにもうない気はします

由奈は他人に気を遣って自分はいつも我慢してしまう朱里ちゃんのために自分は何ができるだろう、と考えます

 

亮介くんは朱里ちゃんに猛アタックなようで…

(理央くんが焦る気持ちもわかる(^^;)

朱里ちゃんは好きな人はいるけど、その人には1度ふられてるし同志と言われてるけど抱える悩みが自分と似ていて誰よりも特別でその人以外に心が向かない、と言いますが…

亮介くんは「傷のなめ合い」「閉じた関係に見える」「俺のほうがいいと思うんだ別のところから引っ張る存在が」とバッサリ言うしガンガンくるし

でもたしかに朱里ちゃんの言い方だけだと他人から見るとそう感じるかもなーという気もします

 

朱里ちゃんが家に帰ると由奈が待っていて

「私の事は大丈夫」「もしおうちが離婚になっても朱里ちゃんはここに残ってみんな一緒にいよう!」と朱里ちゃんが諦めたプランを言います。

辛い選択になるけど、朱里ちゃんは自分のために選んで良くて

「悩みを無責任に私にぶつけちゃえばいいんだよ」

「それが朱里ちゃんに対する私の強みだと思うの」と伝えられたようで良かったです。

 

学校で顔に全部出る由奈はあっさり朱里ちゃんが亮介くんに告られたことを2人にバレてしまいます

理央くんはじれったい和臣くんにめっちゃ煽り立ててるしw

由奈とか和臣くんの好きな人知らないから「1度別れた2人がもう1度ってドラマチックって言うか本物って感じ~~」とか言ってるしwwwwwww

和臣くんの立場wwwwww

 

第39話

 またまた亮介くんと会った朱里ちゃんは、亮介くんの言うとおり悩みをわかり合うというのはほっとするけど余計に動けなくなるから、じゃあ私が克服すれば良いと思ったと伝えます。

ただ亮介くんは今日は返事を聞きに来たわけじゃないから言わなくていいと言います。

「ただ会いたかったんだよ」という亮介くんに、

「亮介くんてそんなこと言うんだ」と意外がる朱里ちゃん

亮介くんもあっさり別れちゃったことにすごく後悔しているらしく

まだ見せられていない自分を全部知ってほしいし、朱里ちゃんのことももっと知りたい、とめっちゃ積極的ですね~

最近亮介くんとよく会っていることを朱里ちゃんから聞いた理央くんはいつものごとく和臣くんをあおりますが…

和臣くんは自分が告白しちゃったら朱里ちゃんが気楽に悩みを言える相手がいなくなるのを心配してのことみたいですが

理央くんからは冷た~い視線

和臣くんは以前お兄ちゃんに見られたときと同じ感じだったと感じ、居心地の悪さを感じます。

理央くんには「後付けで出来ない理由探すのだけはみんな得意だよね 」と言われてしまいます。ん~~厳しいけど理央くんの言いたいことめっちゃわかるな…

 

 和臣くんのお兄ちゃんは結局早々とイギリスに行ってしまったようで…

ここでも事後報告。

お兄ちゃんも、慎重すぎて自分のしたいことを自らしない選択をしている弟にモヤモヤしているようで…

ここまで周りに言われるとようやく「その道に進めない理由を探すほうが楽だったんだな」と思ってきたようです。

そして朱里ちゃんも「動こう」と決心したようです。

私だったらここまで我慢するまで絶対耐えられん…って思うけど、高校生の頃だったらたしかに何もしなかったような…もう思い出せない←

和臣くんはわざわざ亮介くんに朱里ちゃんと「同士のままで終わらせない」と宣言することでまず1つ逃げ道をつぶしました。

和臣くんの言い回しで亮介くんは朱里ちゃんの好きな人を察してしまったみたいですね。

 

第40話

お母さんに、両親が離婚してもここに残りたいって言おうとした朱里ちゃんに、お母さんは意外にもあっさりごめんね、と謝ってきます。

朱里ちゃんは今までさんざんお母さんに困らされてきて気が付かなかったけど、お母さんにもやっぱり優しいところがあって結局言えなくなってしまいます。

朱里ちゃんが亮介くんに呼び出された後に由奈がやって来ます。

由奈は朱里ちゃんのお母さんに朱里ちゃんに会えたことが嬉しくて「ここに引っ越してきてくれてありがとうございました」と言います。いきなり言われてお母さんは「…??」となりますが何か思うところもできたのでしょうか…?

 

和臣くんはとうとう両親に映画を作る仕事がしたい、と言いますが…

お父さん…「くどい」って…なんかこっちが呆れてしまうというか…

でも和臣くんは諦めないようで!?(偉すぎる…!)

今の時代スマホさえ持ってたら簡単に家出とかできちゃう中で普通なら逆効果ですよね。なーんか和臣くんがお利口なのに甘えすぎでは…とか思ってしまいます。

そもそも親に逆らわず大学に行って大企業に入れば全部OK!みたいなことを思っているってことですか?それはそれですんごい舐めている気がして好きになれません…←言いたい放題w

和臣くんやお兄ちゃんみたいに頭が良いだけじゃなくてさらに自分の熱中することに本気で向き合えるとかむしろ羨ましい人だって多いのでは…()

 

そして亮介くんは…ストレート!!!!

 

10巻はここまでです。

モヤモヤする場面が結構多いですね(私が短気なだけ?笑)

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

来世ではちゃんとします 感想

またまたお久しぶりです。

パソコン離れの生活になった影響でなかなかこちらを更新できませんでしたが、また2か月ほどはパソコンを使うことになるので帰ってきたいな~~

さて!今回紹介するのは、こちらのマンガです(^^♪

作者さんのいつまちゃんhttps://twitter.com/1256himaTwitterで有名な方ですね。(私は全然別の趣味アカのみですが、それでも知ってるくらいです。)

女子あるある、性のあるある、男子のいるいるなどのツイートが話題を呼んでいます。

私はオタクの極みのような人間なので、恋愛はめっきりなのですが、そんな私でも読んでいてとても面白かったです。

購入する際は140ページに対して799円で私が普段購入しているマンガと比べてお高めだったので悩んだのですが、読んでみると4コマの短編オムニバス形式だからか、かなりボリューム感を感じられて満足です~

 

内容は都内の小さな映像プロダクションで働く性的にこじらせた人々の生活…

 

彼氏いない歴=年齢の高杉梅

セフレ5人性依存ぎみの大森桃江

風俗嬢ガチ恋勢の檜山トヲル

初めての彼女を寝取られ処女オンリーの林勝

メンヘラ製造機やり〇んの松田健

 

みんな性に関して悩んだり悩まなかったりなんですが、変化もあり(BLにはまったり女装男子に目覚めたり)、イベントありでお世辞抜きにかなーり面白かった!!笑

それぞれの思想は偏っているようにも見えて意外と現実にもいるようで…

そこらへんも奥が深いというか闇が深いというか…w

私はこういう系の漫画はそんなに読まないのでこの手の刺激めっちゃ新鮮でしたし

桃ちゃんとかトヲル君はリアルに可哀そうなところもあるんですけど、謎のたくましさとかが感じられるのが良いです!

自分と同じ思想のキャラに共感もありですし、自分とはかけ離れた人種の人の「あ~こんな思想もあるのか!」みたいな発見もあって良きでした(笑)

 

こちらのマンガ、気になった方はいつまちゃんのTwitter見るのもオススメです~

 

それではこの辺で!

今日は久しぶりなのに良い感じのペース&分量で書きたいこと書けて満足(^^♪

お読みいただきありがとうございました^^

なまいきざかり。14巻 感想

こんにちは!

おっ久しぶりの更新です(^^;

本当にブログ1つとってみても長期で毎日続けている人はすごい!

気付けば1か月以上空いてしまって、はてなから更新の催促メールが来ました(笑)

 

放置癖の付いてしまったこのブログですが、この記事を機にまたちょくちょく更新したいです。

別にマンガを読まなくなったとか、面白いと思ったマンガがなかったとかそういうのでは決してないのですが・・・

でもやっぱり1番好きなマンガの1つとなるとやっとこさ重い腰が上がりました(^^;

今回はなまいきざかり。の新刊のあらすじ&感想です~

この作品って読むの本当に待てないんですよね

重い腰がやっと…と言っても、実はなまいきざかり。14巻は出たその日の0時に購入して、そのまますぐに読んだのでぶっちゃけ大分前に読み終わってたのですが…

せっかく素早く読んでても更新が遅すぎる~~(笑)

 

 

 

 

 

以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

第78話

おおおぉ!!!!!

初っ端からwと思ったのは私だけではないはず

何だかんだ言ってめっちゃ仲が良いじゃないですか~~

 

大学は成瀬からしたら央崎バスケ部は天敵()だらけな感じですが

それに一般枠と推薦組でスタートも違って、慣れない環境感は否めないようで…

 

なかなか遊んでそうな諏訪さんの顔が好きすぎて結局ガチで好きになっちゃった宇佐美さんは、部活中に諏訪さんが手を振ったのが自分か隣にいた誰かもわからない女の人かがどーしても気になるようで…

夜遅くに由希の部屋に上がり込んでどっちに手を振ったかそれとなく聞いてほしいっていう大役?を由希にお願いします。(私は実家通いだからこういうのめっちゃ憧れるw)

 

で、由希が例の女の人に会うと、去年のお花見で諏訪さんにビンタしてた女の人で…

諏訪さんは自分が全部悪いように言ってたけど、実際は女の人を庇ってただけだったそうです。

 

バイト先で諏訪さんに女の人の話をしようとすると、諏訪さんはあまり自分を良い人に見られたくなさそうにして、自分が体育倉庫で何してたか町田さんも見てたでしょ?とか言ってきたので、由希は「諏訪さん!!悪い男ぶってませんか!?自分1人が悪者になって人を遠ざけようとするのはやさしさじゃないと思います」と思わず言ってしまいます。

…すると諏訪さんの頭に誰か女の人が浮かんだみたいで

急に目の色変えて由希に「気付いてくれたのは町田さんだけ」って迫ってて、なかなかカオスな流れですね。

由希には成瀬がいるし、諏訪さんは由希にとっては友達の好きな人だし(^^;

でも由希が由希だから、一定の安心感がありますね

優柔不断な主人公なら絶対イケメンに揺れる展開ですがw

 

第79話

根は良い人かもしれないけど、部活の後輩の彼女に躊躇いなく迫るのはやっぱり危ない人だなーと思いかけましたが…結局うまーく誤魔化していつもの諏訪さんに戻ってたんですね。

由希は何で自分があそこまで諏訪さんにムキになったのか不思議だったようですが、友達の宇佐美さんのことがあったからなんだと気付いたらしいです。

成瀬は阿部くんと一緒にいるときに由希と諏訪さんが一緒にいるところを見かけます。

そしたら阿部くんwwww

諏訪さんは顔の系統は全然違うけどあのニコニコした感じが木戸先輩に似てるとか言い始めるしwwww

誰だっけ、とか成瀬が明らか不機嫌になってるのに

マンガとかなら絶対1巻の始めに出てきて町田マネみてーな女子が実は恋心を!とかまで言っちゃってるしwww

なんかもう地雷すぎるし全て事実なところもw阿部くんもこういうところはめちゃくちゃ鋭かったんですね(笑)

成瀬はどこも似てないと口では言いつつ、由希の荷物を持ってあげちゃう諏訪さんを見てやはり木戸先輩のこと思い出すんですかね

成瀬も初見で諏訪さんのこと木戸先輩に似てるって言ってたしなー

ようやく部活で成瀬も試合形式の練習に参加しますが余計なことを考えすぎて全然調子も出ないようで…

そして前の諏訪さんの挑発めっちゃ利いてるし(-_-;)

なんかここまでだと成瀬にとっては環境悪すぎなのでは…とか思ってしまいますよねー

成瀬の悩みを知らない由希は単について行くのが大変なのかなーと思って自分に出来ることをするんだ、と真面目に決意してますが

居残りで自主練していた成瀬を見つけて話しかけた由希に、年下扱い?って超不機嫌に言い返してきたと思ったら、無理やりキスしたり服の中に手を入れてきたりでやりたい放題やってきて…「木戸キャプテンみてーな男ならなんでもいーくせに」「大学では諏訪先輩がいんのかもしんねーけど」と言ったあとに決め台詞のように「年上マニア」とか言う成瀬に由希もブチっとなりますが

そのまま成瀬は出て行ってしまいます。

由希からしたら完全にとばっちりを食った状態…

さすがの由希も疲れを感じてしまったようで…

 

しかもこのタイミングで諏訪さんが来て、そのままバックハグして「町田さんのこと盗りたくなっちゃった」とか言ってるし…!!!

(これだからイケメンは恐ろしいw)

 

第80話

「町田さんといると落ち着く」「ずっと誰ともまともに向き合えなくて自分には恋愛なんて出来ないって思い込んでたけど町田さんとなら変えられる気がする」「今の一応告白だから」とまで言ってきた諏訪さん…

ここまで言っちゃうのはかなり由希のこと好きになっちゃってる感じですが、由希は告白というのに若干違和感を感じたようで

 

 由希にとっちゃー何にも悪いことしてないのに、成瀬と喧嘩?状態だし、宇佐美さんにも言いづらいことできちゃうしーで散々ですが(-_-;)

 

成瀬はすんごいタイムリーに木戸先輩にばったり遭遇します。

木戸先輩にも生意気な態度をとりまくる成瀬ですが、成瀬のブルーな様子を見て成長したとか大人になったとか言ってくれるんですね~

相変わらず明るく元気に優しく、っていう理想の先輩すぎる木戸先輩に成瀬は「一生勝てねー気がする」とまだ思うところがあるようで…

 

由希は諏訪さんにあっさりキッパリお断りをし、

諏訪さんの自分を盗りたいという感情は恋愛とは別物というか何かきっかけを求めているというか…と伝えます。

じゃあ何で町田さんは成瀬と付き合ったの?と聞かれると、必死でバスケしているところだけは自信持って好きだって言えるからあいつを支えるためなら何があってもそばにいます、とこちらの問いにもキッパリ

 

夜遅くにたまたま酔いつぶれた諏訪さんを発見してしまった宇佐美さん(笑)

雨ふってるし傘持ってないし、と思った宇佐美さんが私のアパートこの近くですけど、と聞くと「いく」と…!!!

 

酔っぱらって博多弁になってる諏訪さんにドキっとした宇佐美さんですが

「こげん好いとーとけ何でなんもわかってくれんと

 俺もそばにおってほしかとに…町田さん」という発言を聞いてしまい

一気に……え?となってしまいます

 

 第81話

博多弁といい酔っぱらうと甘えたになるといい例のダッサイ服を着させられてるといい諏訪さん可愛いなwww

諏訪さんの前では何とか明るく?振舞ったものの、今までの自分と諏訪さんの縁は全部自分が「由希ちゃんの友達」だからだったのかと知ってしまった宇佐美さんは由希に不自然な態度をとってしまいます

 

由希は由希で諏訪さんに言われたことを宇佐美さんと成瀬に話すべきなのか、正解がわからずに悩んでますが…

その後すぐの食堂で、宇佐美さんはたまたま諏訪さんの近くに座ってしまい…

諏訪さんに気付いた成瀬は諏訪さんの隣に座ってるし(カオス…!)

「俺のこときらいなのやめたの?」という諏訪さんに

「やめてない。けど俺もガキすぎると思って」「そもそも俺バスケやりたくてここにきたんだし」と成瀬が言うと

ここで諏訪さんが「俺町田さんに告白したから」と言っちゃいます。由希が悩んでいる間に2人ともかなり早いタイミングで知ってしまい…

そんなの由希ちゃん何も…と宇佐美さんは思うし

成瀬もやっぱり部活に全く集中できないようです…

 

その日由希の家にやって来た宇佐美さん

宇佐美さんが元気なかったのを心配してる由希(腹巻きと胃腸薬w)に

諏訪さんの気持ち知ってたのに何で教えてくれなかったの?

私のことばかなヤツって思ってたんじゃないの…と聞いた後、

ポカーンとビックリしている由希を見て、

「ごめん由希ちゃんがそんな子じゃないってわかってるのに

どーしたらいいかわからなくて…

諏訪さんがすきだ 顔がすきなだけだって何度言い聞かせてもだめなの

でも諏訪さんと同じくらい由希ちゃんのこともすきなんだよ」

と泣いてる宇佐美さんを見て自分ももっと宇佐美さんの覚悟とちゃんと向き合って、成瀬が何を言おうとしてたかわかるまで話せばよかった、とも思ったらしく

こっちだって本気だと思い知らせてやろう、と決心します

 

 第82話

すんごい立ち直りの速さでw元気になった宇佐美さん

やたら顔ばかりイイわからんちんたちってwww

 

成瀬とちゃんと話そうと思ったら案外すぐ学校で成瀬に会います

「俺に何か話あんじゃないの」と言われ、落ち着いて順序立ててと思ったところを

「あの3年に告られたって話とか。」と思いっきりぶった切られ…

それでも頑張って話そうとしたのに

「何もないからだまってたんでしょ?わかってるからもーいいよ」と明らかに本心じゃないことを言って話を終わらされてしまい、結局空振りに…

 

話の続きは部活の後に、と由希は思っていたところ

成瀬は今日も全く調子が出ず

すると…袴田くんが(笑)

「ちゃんとやれ!!ヘタクソ」とキレたことから2人が言い合いしているとグラウンドを走ることに(袴田くんのもらい事故感w)

部長が戻ってこいって、と言って諏訪さんが呼びに来ると

「ごめんな昨日俺が余計なこと言ったせいで調子上がんねーのかなと思って

 俺も何であんな子供じみた挑発したんだろーな」

「多分お前のことうらやましかったのかもな」と言った諏訪さんの言葉は成瀬にとっては予想外だったようで…

 

部活終わりも結局成瀬をつかまえられなかった由希ですが、たまたま成瀬のロッカーの写真を見ると、バスケしてるあいつになら何もためらわずに言えるのに何でふだんのあいつには言ってあげられないんだろう、あの欲張りがそんなので納得するはずないのに。と思ったみたいです。

 

諏訪さんに会った宇佐美さんは諏訪さんが

「町田さんなら俺がどんなにダメでずるくて弱くても受け入れてくれるんじゃないかって思っちゃったんだよね」と言うのを聞き

「それお母さんですよ」と思わず言うと、また諏訪さんは本心を隠そうとします

怒っているような、一線を引いているような諏訪さんの態度に

いきなりのちゅーをして「本当の諏訪さんを私が見つけてどんなあなたにもすきだって言ってみせます」と宣言…!

そのまま行ってしまった宇佐美さんに驚きつつも…諏訪さんの反応も悪くはない気がしますね(あのコばり好かんw)

めちゃくちゃ強引ですが、このくらいしないと絶対になびかなそうなキャラな気はします

それにしても諏訪さんは誰の前かで全然キャラ違いますな。成瀬の前では悪い年上感しかないのに愛に飢えてるし(成瀬からするとこっちの顔を知らないからひたすら危ない先輩でしかない気がしますがw)

由希とお母さんを重ねてたとは…!

諏訪さんが前に言ってたお別れした人っていうのはお母さんのことだったんですかね~そして少年時代の諏訪さん可愛すぎる…!!!!

 

第83話

 先輩たちに食事に連れて行かれた成瀬ですが(袴田くんとは相変わらず仲良いというかw)由希の連絡に気付くと店をとび出して行きます。

諏訪さんのうらやましかった発言にモヤモヤしてる様子で…。

 

そして宇佐美さんもあのときは勢いでやってしまいましたが、我に返ってヤバさに気付いたようで(^^;

成瀬に電話しようとしたところにそんなヤバイ電話がかかってきましたが、後で…と言おうといたところでスマホの充電切れ…

んーー傘も学校に置いて来ててスマホまで充電切らすって由希のイメージと違いますし、それだけ色々なことに振り回されてた感があります

災難続きで今日は成瀬に会うのやめようかと思いかけた由希でしたが、ここで戻ってきた成瀬に呼び止められます。

会って早々「断ったんだよね」と切羽詰まって何度も聞いてくる成瀬に

何を今更血相を変えて?と思った由希でしたが

諏訪さんにうらやましかったと言われ、諏訪さんが由希に本気だと気付いて由希センパイもしかしたら、と言う成瀬に

「成瀬翔最強なんですけどほかに何か意見ありますか!!?」

と叫びます(笑)周囲の視線は予想通りですがwww

「失敗してグダッてもキャプテンでもキャプテンじゃなくても私はあんたよりかっこいいと思う人いないから」という由希を人目につかないところに連れて行ってめっちゃキスして

「成瀬回復した」らしくwようやく仲直りできたようで

「やっと同じ目線に立てたと思ったのに勝手においてかれるような気して焦れば焦るほどうまくいかねーし」「センパイより先に生まれてたらよかったのにって初めて思った」という本心もやっと言ってくれてやっと元通りに

 

家ではさらにイチャイチャしまくりの2人ですがw

「センパイが卒業する前に絶対レギュラーとるから」と成瀬も真剣だし、やっとこさ大学での練習にも集中できるようになるんですかね

結局お風呂も一緒に入ってるし、何だかんだ言っても由希も成瀬には甘いですな

 

今回は特に成瀬にとっては逆境を乗り越えるような部分だったんですね〜

次のイベントは部活の合宿だそうで

早く15巻が読みたい………笑笑(まだ14巻が出たばかりw)

 

それでは今回はこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

チョコレート・ヴァンパイア 2巻 感想

こんにちは!

今日はチョコレート・ヴァンパイア2巻の感想です。

もう少ししたら購読しているマンガの新刊がかなり出るから楽しみ(*'ω'*)

 

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

第7話

千代のトラウマはなかなかですが、そうとう恋に対して難かった千代の心境にも変化があったらしく…

雪との紅血の契約を切ってさっそくピンチになっている千代は姫小路さんの罠にはまってオークションに出品されています。

雪がオークションに参加していたことにも気付き、千代が2人にキレますが

千代はもともと出品物ではなく余興だったと言われ…

30人のヴァンプがあなたを殺しに行くから頑張って勝ち抜けるといいわね♡とか言われてまたまた物騒な展開に…

まぁ千代もめっちゃくちゃたくましくて受けて立ってます(^^;…強い!

 

第8話

隊に入って鍛えてるからか千代はかなりの善戦です。

でも契約を切った後なので元通りには動けないらしく…

その間に雪と姫小路さんは良い雰囲気になっているように見せかけて、結局雪が一枚上手で姫小路さんのこともザックリ振ってますw

千代が危なくなりかけたところでそっちも雪にあっさり助けられてしまいます。

 

第9話

この状態では力が足りない、親の仇をうてない、弟や妹を守れないと思った千代は結局また雪に契約を結んでもらうようにお願いします。

千代と弟妹は実の兄弟ではなくて、2人の両親に千代が育てられたけどその両親が殺されてしまったみたいです。本当の家族に関してはもっと謎らしく…

 

第10話

というか契約もかなり…おぉ…!!な感じですよね(笑)

回想とか小さな子供2人が血だらけって(^-^;

結局千代には逃げられますが、契約を結ぶとまた千代のデレが大放出で良い雰囲気になってます

千代も気づきがあるみたいですが…

 

第11話

 前回の事件で学校全体がピリピリしているということで(そりゃあね)

理事長(雪たちの父)の決定でサバイバルゲームを行います。

白組の千代は雪の兄の霖くんと合流します。

雪と千代の弟は黒組なので対戦相手ですが、ここはラスト30分までは戦わないことに

千代が休憩しているとさっそく雪が血を飲むというよりいちゃつきだしてきてますがw

 

第12話

契約をした後から千代の反応が変わったことに雪は敏感に気付いているらしく…

でも千代があのころには戻りたくない、仇を討つから昔とは違ってもう雪とも馴れ馴れしくしたくないと言ったときの雪の反応で、千代は雪が何かを知っているのに隠していたことに気づきます。

問い詰めている千代を止めに来た霖くんも黙っていたことに気づいて、千代は今まで自分が信じてきたこととは違うことが起きていたことを勘づきます。

 

 

 

2巻はここまでです!

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^ 

 

 

 

チョコレート・ヴァンパイア 1巻 感想

こんにちは!

以前の最近読んだマンガにもチラッと書いたチョコレート・ヴァンパイアの感想を書こうと思います。

結構ファンタジーな作品です

ヴァンパイアと人間の関係は作品によって結構違う気がしますが、この作品ではかなり共生?してますよね?

 

こちらの作品の新刊7巻は紙媒体だと今月の26日、電子書籍だと10月5日発売予定だそうなのでもう少しですね!

 

作品独自の世界観を説明するのを省くので個人的に何となく感想書くのが難しいです

というか省くのが悪いんですけど、説明だらけになっても…と思ってしまって…w

 

 

 

 

以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

第1話

人間の千代とヴァンパイアの雪はまだ小さかったころに、特定の1人にしか血を与えられなくなりその1人のヴァンパイアも1人の人間の血しか飲めなくなる?という 紅血の契約を結びます。

そのときは素直で仲良かった2人でしたが、今では腐れ縁のような関係になってしまっています。

高校生になった千代はめちゃしっかり系のまじめな女子になってます。あと普段は大体メガネかけてます。

雪は兄弟全員モテモテ一家らしく…

千代はめっちゃ硬派でもうほとんど雪には恋愛感情を抱いてない風ですが、雪の方は千代をからかって構ってちゃんな感じです

 

しかし、学内もそこまで安全ではないようで…あるヴァンパイアに千代の義理の妹弟が襲われかけたとき、雪は無理して助けてくれます

 

第2話

紅血の契約はヴァンパイア側から破棄するしかなく、雪が解除しない以上今の2人の関係は変えられないところでしたが、

千代の所属する警備隊の隊長は最近トラブルの元になっているこの契約を校則で禁止することを提案します。

 

第3話

どうやら隊長は雪の恋敵だったようで(笑)

でも千代は全く気付いていない、というか興味もないみたいですね

千代は10年前に両親を亡くしてから恋愛を捨てて治安維持につくすことを決めたそうです。

結局雪も無理にキスして千代にこっぴどく拒否られちゃうし…

 

第4話

人間の姫小路さんは雪がお気に入りらしく、自分が雪と契約を結びたいから千代に破棄するように言ってきて

千代も雪に破棄してほしいと言うけど、こちらもそれだけは絶対ダメ、と言って平行線ですね。

千代が悩んでいると今度は千代のことが好きな隊長が相談にのると言ってきます。

 

第5話

困った千代は隊長に全て話して協力してもらうことに

 

すると隊長は上手く姫小路さんの怪しい情報をもってきます。

ミスコンで怪しい動きをしているということで、潜入捜査のため、千代もミスコンに出ることにします。

 

雪も別ルートでその情報を入手して会場に忍び込みます。

 

危険すぎるから今すぐ辞退しろという雪に、どうしても任務を達成したい千代は契約を解除したら辞退すると言います。

雪と契約したがっている可愛い子がいて、自分は毎日ヴァンプの餌になる生活が苦痛だと言うと、どうなっても知らないと言いつつあっさり雪は応じます。

 

 第6話

契約中は身体能力が高くなっているらしく、久しぶりに人間本来の力に戻った千代は怠さを強く感じます。

姫小路さんに脅されてつい出た言葉やすぐに自分でなく隊長に千代が頼るのが雪は我慢できないらしく…それに千代の昔のトラウマも全く癒えないことに疲れたと言ってそのまま雪は出て行ってしまいます。

 

隊長と千代がいるところにまた怪しい集団に攻撃されて、隊長は麻酔銃に撃たれてしまいます。これも姫小路さんの罠だったらしく、この子は初めから千代を殺すつもりだったそうで…

 

 

 

 1巻はここで終わりです

できればすぐに2巻の感想を書きたいです

 

それではこの辺で!

ありがとうございました(*^▽^*)