マンガ感想日記

浪費女子のマンガ紹介・感想ブログ

気になるマンガ さよならミニスカート

りぼんの電子版にちょっと載ってるのを見て気になったさよならミニスカート。

けっこう話題にしてる人多いんですね。

実は作者さんの方をもともと知っていて、懐かしいな〜という気持ちで。

HALとRECは読んでいました。

当時、絵が美しい〜と思ったのと、内容がりぼんにしてはブラックだったのが印象的でした。

さよならミニスカート、バッドエンディングでないなら読んでみたいな〜(とか言ってますが、ここまで来たら過去作品も含め読む気しかしない)

 

RECは普通に悲しい話だった気が…(昔に読んだので違っていたらすみません)

セカイの果ては未読なのですが、試し読みで見る限り「え、コレどうするん…」レベルにすごい話な気が…まだちゃんと読む勇気がありません。

 

ウル覚えですが、こちらの作者さんの作品はかなり悪質なイジメに関するエピソードとかあったと思います。学校が楽しい舞台でなく生徒、先生、親(要は人間全体)の心の汚さが現れる舞台というか。

実は小6のときの転校先の小学校が大嫌いだった私は、そのときの気持ちが読んだ当時もまだあって牧野あおいさんの作品に惹きつけられたんですよね。あのときは自分もクラスメイトも親も教師も大嫌いでした。綺麗事聞くのも嫌になってる時期で。まぁ、そんなもんなんですよね()

 

さよならミニスカートは性に関する話題を取り入れた作品で、そんな作者さんの作風にとても合っていると思います。

まだ1巻しか出ていないため、今後の展開が気になります。

 

ただ、1つ気になるのがこの作品、上記のとおり、りぼんの作品なんですよね。

私なら多分小学校のとき読んでも、絵が綺麗・高校生怖い・芸能界怖い…感想終わり。ってなってしまったというか…(注 あくまで私個人の話です)

イジメとか友達関係は身近な印象だけど、うーーん…

小学生って私服の学校多くて毎日ズボンの女子大勢いるし、性的な発言するような人周りにはいなかったし、性とか恋愛とかぶっちゃけそこまで私は考えていなかったのですが…

今の小学生はスマホもあるし違うのでしょうか?(私が小学生の頃はガラケーでした^_^;時代が変化するのは早い…!)

まぁ私の感覚が古いだけかもしれませんが、もう少し上の世代が多く読む漫画雑誌に掲載されているイメージでした。

 

私より5歳〜10歳くらい上の方たちが、一時期りぼん作品の年齢層がグッと上がった時期がある、めっちゃ痛烈な作品多くて今読んでもすごい、みたいな話していたのを何故か思い出しました(笑)

そういう作品、たしかに自分が小学生のときは怖い、でも読んじゃう、みたいな感じだけど、今となってもやっぱり読んじゃうんですよね。

 

それではこのへんで。

お読みいただきありがとうございました^ ^

 

BOOKOFFオンラインでの購入が予想以上に良かったお話

私は、現在、中古の売買で思い浮かぶのはメルカリの方でした。

やはり店舗をはさむと人件費が高いでしょうし。

自分が高校生くらいまではブックオフの店舗にもちょくちょく行って、本の状態から見てお得なものがあったら購入したり、なくても立ち読みしたり(やりすぎは良くないかもしれませんが^^;)…行かなくなった今となってはけっこう楽しかった思い出です。

今は気になる本やマンガがあっても電子書籍の試し読みがあるのでわざわざ店舗に行くこともないし、購入もマンガはそのまま電子書籍のクーポンとかで購入してしまいます。

断捨離中でモノを増やしたくないのも大きいです。

 

あと、もっと節約したいときはメルカリのまとめ売りで購入すると本当にお得です。多分相手方の売り主さんにとっても悪くない価格でやはり時間があるならメルカリが1番なんだと思っていました。

 

ただ、今回利用したのは参考書です。

参考書は古いものになると価格が安くなりやすく(メルカリより大分安いものも多かったです)、私は新しい問題は別で見とけばいいや!って感じだったので特に良かったのかもしれません。

参考書でなくても、シリーズなどが異なる本を複数購入したい人にはブックオフもなかなかオススメです。

 

サービスが良く、満足度が高かったので共有したいと思います^ ^

 

理由

その1

300円以下の本も新しくないもの、元の値段が安いものならたくさんある。

メルカリは個人が1つずつ発送するので、それもあって300円からになってしまいます。

マンガのシリーズまとめ買いならお得に売ってる方もたくさんいますが、1冊ずつになるとお得なクーポンも少ないですし結構難しいです。

たしかブックオフは1500円で送料無料だったと思うのでまとめて購入される方ならこちらの方が安くなる可能性も十分あります。

 

その2  まとめ買いの組み合わせが自由!

これはその1の理由と合わせての理由で、

たしかに在庫がない本もあるかもしれませんが、メルカリの個人での販売とは比べものになりません。

ジャンルが違っても大丈夫ですし

色々自分の買いたいものを選んで1500円以上になれば送料も無料なのでメルカリよりも安くできます。

 

その3  やはり気を使わなくて良い分、楽!

メルカリなどの個人の取り引きだと一応軽く挨拶したり、評価したりしますが、企業での購入はこっちが勝手に好きな時間に購入するだけなので楽でした。

 

その4  気になる品質面…

サービスもなかなか良かったです!

実は送られてくる商品の状態がわかる写真が載ってなくて、それが不安材料でした。

でも来た商品はどれも状態が良かったです!

f:id:mangakannsounikki:20190122100211j:image  f:id:mangakannsounikki:20190122100225j:image

 

メルカリだと未使用、未使用に近い、目立ったキズなしに入るもののみでした。

迅速さも、購入した次の日に発送、その次の日の朝イチに届いたのでめっちゃ早かったです。

2日弱かな?

神奈川県の横浜市から発送されているそうなので、ここから遠い方はもう少しかかるかもしれません。

ブックオフの紙袋に包まれて到着しました^ ^

ビニールなどには包まれていなかったので、雨の日とかは大丈夫なのかな?とは思いましたが、まぁ雨に濡れないようにはしてると思います。

 

 

逆に気になった点

その1  サイトがアナログに見える

私自身があまりこういうのに詳しくないので何とも言えませんが…

ガラケー時代のああいう感じというか…

そこに住所や名前、カード情報を入れるのでかなり不安にはなりました。

 

その2  送られてくる商品そのものの写真がない

先ほども記載しましたが、商品の公式の写真は載ってるけど、メルカリのように状態を直接確認できる写真がありませんし、文章での記載もありません。ブックオフ全体で、こういうのは販売しません、という基準が載ってただけでした。

まぁ届いた商品はどれも状態が良かったですし、安かったので悪くてもいいやって決めたので良いのですが…

うーん。でもそこはちょっと気になりました(笑)

万が一ムリなものが届いたらたしか返品は対応してもらえたと思うので、どうしても無理なら返品するしかないですね…

 

 

 

それではこの辺で!

あくまでも綺麗の基準は私個人のもので人によって異なること、2019年1月現在の感想、参考書とマンガは少し違いがあるかもしれないこと、などに気に留めてくだされば幸いです。

 

お読みいただきありがとうございました^ ^

僕キミ 完全版発売&ドラマ化に伴って…

今回はネタバレが主ではありませんが、書きたいことを書いてしまうのでネタバレ含みます!

なのでネタバレ大丈夫な方のみお願いいたします。

 

 

BookLiveで青木琴美さんのフェアのバナーで僕キミドラマ化のことは見てたのですが…もう始まってたんですね。

てっきりもっと先のことだと思ってました(^^;)

 

そして僕キミの完全版も発売されるそうですね!

コレ、僕キミのコミック持ってなかったら絶対欲しかったです〜!

こういうの好きなんですよね。

というかコミック持っているのですごい悩んでいるというか…

書き下ろしの部分がめっちゃ気になる…

作者さん自身が当時どんなだったかを思い出して書いているらしく…

個人的にハッピーエンドで終わってるつもり←だったから思ってたのと違ったら怖いな(笑)

実は最後がモヤモヤする話すんっごい苦手なんですよ()

映画とかでも本当にそういうの苦手で(^_^;)

GA◯TZとかトラウマすぎて大分前(私が中学だか高校だかに行ってたとき)ですけど悪い意味でハッキリ覚えてます(T▽T)

まぁマンガの話すら全く知らず、単に友達に誘われて観に行ったんですよねー。

しかも前編と後編でわざわざ2回も映画館に行ってモヤモヤを作って帰ってくるという…

正直今は映画館にも行かなければ映画自体もほとんど見ないのですが、たまーに気になる作品があったらぶっちゃけめちゃくちゃ調べて観ます(笑)

それくらい好みの話じゃなかったときのダメージが大きい者のようで…

マンガでもほとんど無料で読める範囲で試し読みしたり、他の方のブログを読んで大丈夫そうなのを選びます。まぁこんなネタバレだらけのブログ書いているくらいですしね(笑)

そこら辺がすんごいチキンなんですよね。

ドキドキ感が大事でネタバレ絶対に見ないという人も多いですが、私にはもはや無理です(^^;

本でもマンガでも映画でもドラマでも、時間と労力とお金を無駄にしたくない!というのと、地雷を踏みたくない!というので日々慎重に作品を選んでいますw

 

ただ僕キミは全然大丈夫…

勝手に最後はハッピーエンドだろうと思っているもので…

でもこれで思ってたのと違ったら一気にモヤモヤの道に入って抜け出せなさそう(T▽T)w

そういえば僕キミのコミックを買ったのはカノ嘘が終わってからでかなり遅いのですが、僕キミの映画はこれも友達に誘われて観に行ったんですよね。(こう考えると昔の方がちょくちょく映画館行ってたんだなーとしみじみ思います)

当時コミックでは作品が終わる前だったか?友達がまだ見てなかったか?で、これは友達が「えーこんなんだったけー??マンガと違くない?ストーリーモヤモヤするー(;_;)」と言ってましたが、私はマンガの方は当時全く読んでおらず「悲しいやつかも」とさんざん言われて観に行ったので案外そっちは平気でした。

(なんかすんごい低レベルな感想しか言わない奴らばっかで申し訳なくなってきた^^;)

 

話が逸れに逸れてしまいましたが、僕キミのマンガは本当に好きです!!

作者さんの良いところというかお得意な側面がとても出てると思います。

逞の感情の出方がもうすごくて…

自分とは全く違う境遇のキャラクターたちなのに何故か共感してしまいました。

それにキャラがみんな好きになれる作品だった気がします。重い話なのにけっこう可愛くて明るい面白いキャラがたくさんいた印象です。

その分悲しいところはめっちゃ悲しかったし、心にグサッとくるところも効いていました。

マンガ読んで泣いたのも初めてでした!(単に最近涙脆くなっただけの可能性もありますがw)

 

完全版も悩みますが…

他の方の様子を見てのんびり決めようかなーと思っています。

 

今日は僕キミがドラマ化した&完全版発売ということで、久しぶりに僕キミを回顧しておりました。

ただ、僕キミとカノ嘘は読み出すと止まらなくなるので個人的に注意が必要な作品です(笑)

個人的にカノ嘘と面白みやテーマは全然違うけど甲乙つけがたい作品だと思っています。

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました!^ ^

 

あやかし緋扇 感想

こんにちは!

カテゴリー〈今日のマンガ〉では最近読んだマンガで満足度が高かったものの全体の感想をサクッと書いていきたいと思います^^

過去の記事もこのカテゴリーに追加するつもりです!

 

今回ご紹介するのは『あやかし緋扇』です

あやかし緋扇はチョコレート・ヴァンパイアの作者さん、くまがい杏子さんが2012年~2014年にかけて創られた作品です。

なんかチョコレート・ヴァンパイアのときも思ってましたが、この作品も可愛い子が可哀そうになる展開見ると若干悲しくなるんですけど、私だけですかね?(^-^;

あと結構グロくなるとか…

グロイところって考えれば考えるほどグロく感じます。笑

 

女の子はチョコレート・ヴァンパイアの千代と同様にかなりツンで、男の子はかなり誠実なしっかり者、という設定です~

 

以下、ネタバレ含みますのでお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

この作品の面白かったところというか印象に残ったのは、相当読者の期待を裏切る展開があるところです!

え、主役級のキャラの前世が悪だったの?と思いきや結局違うのか~と思ったら弟だった(しかも普通に主人公ずっと会話してたのにすでに亡くなっていた)みたいな

先生に裏切られたと思ったら最後助けてくれた二重スパイのやつもあったしw

 

あと兄弟が亡くなってたりするのが我に返ってしまうとやっぱり寂しい…

何というか、全体的にはハッピーエンドなんだけど、一部だけ考えると何となく可哀そうに感じました(T_T)

優くん前世で罪を償えてなかったから4歳で亡くなってたってなんか…TTT

そして未来のお兄ちゃんも良い人だったのに、とか

前世はみんな不幸だな、とか

口からヘビとか

聖先生も前世知ってたら複雑だろうな、とか

弟の前世が蜘蛛の化け物?になったとか

 

何となくチョコレート・ヴァンパイアでも似たような感覚を感じるので、作者さんの作風なんですかね?

目とかキラキラで可愛いキャラとそれなりに「お、おぅ……」ってなる展開のミックスというか?読んでいるとチョコレート・ヴァンパイアでもあったな…って結構思い出しました(笑)

シビアな作品でシビアな展開になっても普通なんですけど、可愛い少女マンガでシビアなのがくると印象に残るんですよね~

 

最後までに色々あるけど、無事?気持ちよく読み終えることのできる作品だと思います!

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

虹、甘えてよ。4巻 感想

 

こんにちは!

 

今回は虹甘4巻のあらすじ&感想です

 

表紙可愛い~

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

第12話

桐生先生の過去のお話…

大学でなじめず就職先の進路をバカにされ、という。

でも、こういう天才の人ってそもそも大学に行くとうの昔にこういうのは経験済みで、もっと小さい小学生前後に同じようなことあるらしいし…

なので大学でそれ??と思ってしまった…

あと、東大出身の高校教師って普通にいる(特に桐生先生のいたっぽい学部)からコンプレックス抱くにしては刺激が少ないというか…

小さい頃は特殊な環境にいてそんな経験がなかったとか、何かの夢があったのに何かの理由で挫折したとかそういうの(めっちゃキツイやつでw)あった方が私は桐生先生のキャラもっと好きになれたな、って思います。これ以上先生の過去は出てきたりするんですかね?

 

その一方、岳は相変わらずですね(笑)

日和くんの気も知らずに甘えてるし、虹に対して一途なのは良いけどまた「夏服ってエロい」とか言いそうになってるし、そしてその様子を見た日和くんも複雑な気持ちになってるし…

個人的に岳って文武両道だけど抜けてるところとか、やらかしまくりなのになぜか可愛い仕上がりになって結局虹にも仲良くしてもらえているし、美少年で性格も良い日和くんにも好かれているしで、カッコいい彼氏というより少女マンガのヒロイン要素つめつめな気がします(笑)

 

…そして…まじで桐生先生の日和くんいじりはやめてほしい( ;∀;)

複雑な心境な日和くんを弄ばないで…( ;∀;)

本っ当に日和くんは岳以外の人にいくとしても、もっと日和くんみたいな純粋で爽やかで優しい人と仲良くなってほしい(T_T)桐生先生はやめて~~

 

しかも「岳に興味持つのやめてください」って言う日和くんに桐生先生が返したのが「嫉妬?どっちに対する?」って…え?そんなところまできてるの…?

桐生先生に押し倒されてキスされてますけど、日和くんの方が絶対力そのものは強いですよね?ただただビックリしたのか気持ちに迷いがあったのか…TTTT

(なんかそんな中、虹と良い~感じになっている岳が憎く見える(T_T) いや、全然良いことなんだけどね)

もうまじで桐生先生アウトすぎるーー

例の犯人じゃなかったとしてもバレたら大変なことを普通にバレなきゃ良いでやっているあたりまじでヤバイTTTTTT 怖〜〜

 

第13話

虹の柔道着姿とポニーテールが好きだったとか言って虹をドキッとさせて、気が強くて積極的なタイプの女子にも気に入られて、日和くんにも可愛いって言われて、岳は相変わらずモテますね

 

両想いなんでしょっていうのを否定した虹に対する日和くんの言動にはギュンとなりました

「どんなに見え透いていてもオレ信じるけど。嘘だったら無限に恨むけど。」って言った後に、「嘘だよ バーカ」って悲しそうに言うあたり、察しが良いだけじゃなくて優しいというか…

ここまでくると日和くんの立場の人だと他の人と仲良くしたり(桐生先生はマジでやめてほしい)グループ変えたりもできるのに、友達としての虹と岳と付き合っているわけだし。義理も堅い人だなーと。

 

…で、虹は虹で体育終わりに桐生先生にばったりと

桐生先生は虹も数学準備室に誘ってますが、どういう考えなんでしょうか…?

 

女子が着替えた後に教室で着替える男子たちが、「おせーぞ 入れねーだろ」と苦情を言っている中、虹は先生と話をしていてまだ戻ってなかったようです。

例の岳のファン?の女子たちが「これ以上待たせると男子に迷惑だよね?」とか言って不気味なアイコンタクトをして…

 

そしたら虹の制服をチョークでぐちゃぐちゃにして、ちょっと高価そう?でオシャレな下着を見つけてそれは黒板に貼って「こんなの着てるから痴漢にあうww」とかエロとかSEXYとか誹謗中傷を書いたようです。これは悪質…

こんなの高校生にもなって大人げなくない?って思うけど、みんなクスクスして「さっさと着替えに戻らなかったほうが悪くない?」「迷惑かけたのは虹」「虹にも問題ある」「正直誘ってるようにしか見えない」「二股かけてるよね」とか、全部なんだソレっていう悪口平気で言ってるし…なんちゅークラスだ

てか一人くらい戻るのが遅くてもその人だけトイレかどっかで後で着替えたら良いだけだし、二股ってもししてたとしてもあんたらには関係ないだろ!

正当化する理由がしょーもなすぎてムカつきますね(笑)

庇うのが岳だけってどういうこと?( ;∀;)

スクールカースト上位者の言ってること&やってることに乗っかりたい~みたいな感じですかね?周りも周りですね…

そんな中、岳の度胸はまじですごい…!!

言い返してるわ「二股じゃねぇよ!俺が一方的に好きなんだよ」ってすっごいですね!!!!

こんな周り敵だらけの状況で「わーーーーー!」ってさせてるってヤバイなっ!!

私は性格ひねくれてるので、お前ら盛り上がる前に謝れや(ーー゛)って思ってしまったw

まあ虹はそりゃあ嬉しいわけですが、廊下でも盛り上がっているところに日和くんも来てこういうところも見ちゃうんですね。

日和くんは自分はそうやって言えない分余計に辛そうに見えます。

 

 第14話

教室をざわざわさせてそのまま岳と虹が出て行ってしまった後、それでも友達の役目を全うする日和くんエライというか優しすぎる…TTT

こういう状況になってくると虹と日和くんがカップルのふりしてるの今さらながらヤバイ気がしてきます。岳だけならアレだけどみんなはどうするん…?という…w

 

そして桐生先生が真面目なこと言いながらやってくると、さっきの嫌がらせの黒板を見つけます。

本当に、未成年だから大人が受けるみたいな罰を受けないだけで、やってることは全く同じですよ(でも桐生先生…自分は…?バレてないとか合意があるとかって言うつもり…?怖)

先生は説教する気はありません、とか言ってるけど、そこはしてくれ(笑)

警察沙汰になるのは怖いって高校生にもなって自分の行いくらい考えろって感じです。

 

日和くんが岳に普通に話しかけると、岳は「なんで…まだ俺と話してくれんの?」と返します。

そこで日和くんはあの時岳はオレのこと切ったんだなって捉えます。

そこまでの発想はなかったですけど、日和くんの立場からしたらそういうことになるんですね。天然で傷つけてくる岳は岳でかなり怖いな…

虹と岳はものすごい近づいた感はありますが、このクラスではかなりやりにくそう(-_-;)

 

で、孤独を感じた日和くんが向かったのは、虹以外に日和くんの秘密に気付いた桐生先生のところで…

なんかまた「虹を排除してくれ」と僕にお願いすればいいとか怖いこと言ってますけど()

今は日和くんも良心があって先生に同調はしてないですけど、このまま桐生先生の手先にならないかめちゃくちゃ心配…

…そして…!!

日和くんが先生の信じているものを聞くと「実験結果」という答え。

先生いわく吊り橋効果とストックホルム症候群は同じで、恐怖と安心の繰り返しをされると人は恋に落ちたと勘違いするそうです。

…これって先生が日和くんや虹にやってることですよね…色々ビビらせたり辛辣なこと言ったりするけど、孤独に感じているタイミングで理解者になって優しくするという…

先生の狙い?が気になるところです…

 

「予告します 近い将来君は僕を好きになる」

これ当たりそうで怖いな~~

それだけはやめてくれ…

…と思っていると、「それが嫌なら君も恐怖を与える側に回るんだ」とか言ってますが、どんな意図なんでしょうか…?

 

教室で一人で寝ている岳を見ている日和くんですが、そのまま岳にキスを…

どういう流れで日和くんは決心したんでしょうか?

 

第15話

キスした後、日和くんは心の中で「起きろ」と何度も言いますが、岳は目を開けず

でも結局ほっとする日和くんはそのまま教室を出て行きます。

 

ほっとするくらいならしなきゃよかった、気づかれなくてよかったと思った日和くんでしたが、岳の言動でさっきも起きていたことに気づきます。

わたわたしながら「あれなんなの??」という岳に「嫌がらせだよ」って言っていつもみたいにごまかすのかと思いましたが

「オレゲイなんだ 笑っちゃうだろ?

 お前のことが好きなんだ 気持ち悪いだろ?」

と岳にもカミングアウトします。

最初に虹になら話してもいいと思ったのも好きになれるかもって思ったのも岳の好きな人だったからで、ずっと虹になりたいと思ってたから、ということもカミングアウトします。

 

そして、1人で残っている日和くんのもとになぜか桐生先生がやってきて

迎えに来ましたよ、(笑顔で)頑張りましたね、もういいんですよ?僕のこと好きになって、とまた寄り添います。

こんなタイミングでこう来られると…

4巻はここで終わりですが…続きはどうなるのでしょうか…?

岳にカミングアウトってなんかすっごく危ないというか…まあ良い人だから悪気は全くないんですけど色々心配というか…

というか岳以前の問題で日和くんはどんどん桐生先生の思うように行動している気がするのもまた…

うーーん…次の巻が、というか桐生先生の狙いが気になります。

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

思い、思われ、ふり、ふられ 10巻 感想

こんにちは!

今回はふりふらの新刊のあらすじ&感想です

10巻は朱里ちゃんと和臣くんが主な話ですね^^

…半分くらい書いたところでずっと放置してしまい気付くともう全くジャストじゃないタイミングですが(。-∀-)

もうここまでくると次の巻が出るまでに書けば良いやというマイルールが出来つつありますねw

 

 

 

 

 

それでは以下、ネタバレ含みますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 第37話

朱里ちゃんを追いかけてきた和臣くんは、何で自分には親が離婚するかもしれないことを話してくれなかったの?俺の話聞いてくれたのと同じように言ってほしい、と言います。

朱里ちゃんは由奈に気を使って理央くんやお父さんのところに残るわけにはいかないと思っていることを打ち明けます。

和臣くんは朱里ちゃんのお母さんに腹が立ってきたかも、と言いますが

やっぱり人間は悪いところもあれば良いところもあるし、お母さんの良い部分も知ってる朱里ちゃんは複雑みたいです。

 「わかるよ」という和臣くんの言葉が朱里ちゃんは嬉しかったらしく

「同志みたいなもんだしね」と言いますが…

ここでも何となくすれ違いが…

かなり前から両想いなのにそれに気付かない2人…

 

学校で映画について語る2人はここでも意気投合します。

「また貸してね」と言う朱里ちゃんに

「これ…2人の共有の物にしない」と提案します。

DVDと一緒に朱里ちゃんの手にも自分の手を重ねてるし//////

和臣くんのこういうところ何かすごい…!!!ww

 

だけど、由奈の若干のん気?というかぽわーんみたいなのやっぱ可愛いですw

朱里ちゃんと亮介くんお似合い~とか言っちゃって理央くんの方が焦ってるし

たしかに理央くんの視点からすると和臣くんの行動はじれったいだろうなーとか思ってしまいます(笑)

 

第38話

亮介くんが積極的になったことを由奈も感じているらしいです(笑)

朱里ちゃんが亮介くんに連れて行かれちゃったから3人で帰ることに(この3人って意外と珍しい…)

そこで由奈は朱里ちゃんがまた自分に気を遣って、我慢をしてしまっていたことを知ります。

でもまあ…理央くんも朱里ちゃんも少し前のことが嘘のように違う人に夢中だし、心配はたしかにもうない気はします

由奈は他人に気を遣って自分はいつも我慢してしまう朱里ちゃんのために自分は何ができるだろう、と考えます

 

亮介くんは朱里ちゃんに猛アタックなようで…

(理央くんが焦る気持ちもわかる(^^;)

朱里ちゃんは好きな人はいるけど、その人には1度ふられてるし同志と言われてるけど抱える悩みが自分と似ていて誰よりも特別でその人以外に心が向かない、と言いますが…

亮介くんは「傷のなめ合い」「閉じた関係に見える」「俺のほうがいいと思うんだ別のところから引っ張る存在が」とバッサリ言うしガンガンくるし

でもたしかに朱里ちゃんの言い方だけだと他人から見るとそう感じるかもなーという気もします

 

朱里ちゃんが家に帰ると由奈が待っていて

「私の事は大丈夫」「もしおうちが離婚になっても朱里ちゃんはここに残ってみんな一緒にいよう!」と朱里ちゃんが諦めたプランを言います。

辛い選択になるけど、朱里ちゃんは自分のために選んで良くて

「悩みを無責任に私にぶつけちゃえばいいんだよ」

「それが朱里ちゃんに対する私の強みだと思うの」と伝えられたようで良かったです。

 

学校で顔に全部出る由奈はあっさり朱里ちゃんが亮介くんに告られたことを2人にバレてしまいます

理央くんはじれったい和臣くんにめっちゃ煽り立ててるしw

由奈とか和臣くんの好きな人知らないから「1度別れた2人がもう1度ってドラマチックって言うか本物って感じ~~」とか言ってるしwwwwwww

和臣くんの立場wwwwww

 

第39話

 またまた亮介くんと会った朱里ちゃんは、亮介くんの言うとおり悩みをわかり合うというのはほっとするけど余計に動けなくなるから、じゃあ私が克服すれば良いと思ったと伝えます。

ただ亮介くんは今日は返事を聞きに来たわけじゃないから言わなくていいと言います。

「ただ会いたかったんだよ」という亮介くんに、

「亮介くんてそんなこと言うんだ」と意外がる朱里ちゃん

亮介くんもあっさり別れちゃったことにすごく後悔しているらしく

まだ見せられていない自分を全部知ってほしいし、朱里ちゃんのことももっと知りたい、とめっちゃ積極的ですね~

最近亮介くんとよく会っていることを朱里ちゃんから聞いた理央くんはいつものごとく和臣くんをあおりますが…

和臣くんは自分が告白しちゃったら朱里ちゃんが気楽に悩みを言える相手がいなくなるのを心配してのことみたいですが

理央くんからは冷た~い視線

和臣くんは以前お兄ちゃんに見られたときと同じ感じだったと感じ、居心地の悪さを感じます。

理央くんには「後付けで出来ない理由探すのだけはみんな得意だよね 」と言われてしまいます。ん~~厳しいけど理央くんの言いたいことめっちゃわかるな…

 

 和臣くんのお兄ちゃんは結局早々とイギリスに行ってしまったようで…

ここでも事後報告。

お兄ちゃんも、慎重すぎて自分のしたいことを自らしない選択をしている弟にモヤモヤしているようで…

ここまで周りに言われるとようやく「その道に進めない理由を探すほうが楽だったんだな」と思ってきたようです。

そして朱里ちゃんも「動こう」と決心したようです。

私だったらここまで我慢するまで絶対耐えられん…って思うけど、高校生の頃だったらたしかに何もしなかったような…もう思い出せない←

和臣くんはわざわざ亮介くんに朱里ちゃんと「同士のままで終わらせない」と宣言することでまず1つ逃げ道をつぶしました。

和臣くんの言い回しで亮介くんは朱里ちゃんの好きな人を察してしまったみたいですね。

 

第40話

お母さんに、両親が離婚してもここに残りたいって言おうとした朱里ちゃんに、お母さんは意外にもあっさりごめんね、と謝ってきます。

朱里ちゃんは今までさんざんお母さんに困らされてきて気が付かなかったけど、お母さんにもやっぱり優しいところがあって結局言えなくなってしまいます。

朱里ちゃんが亮介くんに呼び出された後に由奈がやって来ます。

由奈は朱里ちゃんのお母さんに朱里ちゃんに会えたことが嬉しくて「ここに引っ越してきてくれてありがとうございました」と言います。いきなり言われてお母さんは「…??」となりますが何か思うところもできたのでしょうか…?

 

和臣くんはとうとう両親に映画を作る仕事がしたい、と言いますが…

お父さん…「くどい」って…なんかこっちが呆れてしまうというか…

でも和臣くんは諦めないようで!?(偉すぎる…!)

今の時代スマホさえ持ってたら簡単に家出とかできちゃう中で普通なら逆効果ですよね。なーんか和臣くんがお利口なのに甘えすぎでは…とか思ってしまいます。

そもそも親に逆らわず大学に行って大企業に入れば全部OK!みたいなことを思っているってことですか?それはそれですんごい舐めている気がして好きになれません…←言いたい放題w

和臣くんやお兄ちゃんみたいに頭が良いだけじゃなくてさらに自分の熱中することに本気で向き合えるとかむしろ羨ましい人だって多いのでは…()

 

そして亮介くんは…ストレート!!!!

 

10巻はここまでです。

モヤモヤする場面が結構多いですね(私が短気なだけ?笑)

 

それではこの辺で!

お読みいただきありがとうございました^^

来世ではちゃんとします 感想

またまたお久しぶりです。

パソコン離れの生活になった影響でなかなかこちらを更新できませんでしたが、また2か月ほどはパソコンを使うことになるので帰ってきたいな~~

さて!今回紹介するのは、こちらのマンガです(^^♪

作者さんのいつまちゃんhttps://twitter.com/1256himaTwitterで有名な方ですね。(私は全然別の趣味アカのみですが、それでも知ってるくらいです。)

女子あるある、性のあるある、男子のいるいるなどのツイートが話題を呼んでいます。

私はオタクの極みのような人間なので、恋愛はめっきりなのですが、そんな私でも読んでいてとても面白かったです。

購入する際は140ページに対して799円で私が普段購入しているマンガと比べてお高めだったので悩んだのですが、読んでみると4コマの短編オムニバス形式だからか、かなりボリューム感を感じられて満足です~

 

内容は都内の小さな映像プロダクションで働く性的にこじらせた人々の生活…

 

彼氏いない歴=年齢の高杉梅

セフレ5人性依存ぎみの大森桃江

風俗嬢ガチ恋勢の檜山トヲル

初めての彼女を寝取られ処女オンリーの林勝

メンヘラ製造機やり〇んの松田健

 

みんな性に関して悩んだり悩まなかったりなんですが、変化もあり(BLにはまったり女装男子に目覚めたり)、イベントありでお世辞抜きにかなーり面白かった!!笑

それぞれの思想は偏っているようにも見えて意外と現実にもいるようで…

そこらへんも奥が深いというか闇が深いというか…w

私はこういう系の漫画はそんなに読まないのでこの手の刺激めっちゃ新鮮でしたし

桃ちゃんとかトヲル君はリアルに可哀そうなところもあるんですけど、謎のたくましさとかが感じられるのが良いです!

自分と同じ思想のキャラに共感もありですし、自分とはかけ離れた人種の人の「あ~こんな思想もあるのか!」みたいな発見もあって良きでした(笑)

 

こちらのマンガ、気になった方はいつまちゃんのTwitter見るのもオススメです~

 

それではこの辺で!

今日は久しぶりなのに良い感じのペース&分量で書きたいこと書けて満足(^^♪

お読みいただきありがとうございました^^